文学部 人文学科 文学コース
英語学・英文学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生、3年生、4年生
対象学部等:
イギリス文学講義 I
English Literature (Lecture I)
講義題目  Emily Brontë論
教授 鵜飼 信光
科目ナンバリングコード: LET-HUM2570J
講義コード:
2019 後期
毎週 金曜2限
伊都 D-107 教室
E/J科目 (日本語, English)
授業の概要 この授業ではイギリスの小説家Emily Brontë(1818-48)のWuthering Heights(1847)を論ずる。意識と無意識の乖離、外部における自己の複製など特異な主題の具体的な表れを検討して行く。
【作品の梗概】英国の島の中程ヨークシャー州の農村の風の吹き付ける「嵐が丘」と呼ばれる丘にアーンショウ家の古い家がある。そこの主人がある日港町リヴァプールの路上で見かけ哀れに思った孤児を拾ってきて育てることにする。ヒースクリフと名付けられたその少年はその家の娘キャサリンとは気が合いヒースの繁る野原で終日遊ぶようになるが、その兄からは憎まれ、アーンショウ氏の死後は使用人の地位に落とされ、キャサリンが近隣の富豪の息子エドガー・リントンと婚約しようとするのを機に出奔。3年後謎の経歴で富を蓄えて戻ったヒースクリフはキャサリンの娘の代にまで及ぶ壮絶な復讐を始める。
【評価方法】:学期末の筆記試験と3000字の小論文によって成績を評価する。各50%。筆記試験は、初回の授業で指定した約14ページ分の範囲から、主に英文解釈の問題を出題する。各回の試験範囲の解説をMoodleに掲示する。小論文を書く際の留意点は初回の授業で説明する。授業は出席を取り、5回の欠席までは減点しないが、それを越えると、1回毎に3点ずつ減点する。
(We will study Emily Brontë's Wuthering Heights, focusing on about 30 pages of the novel every week, and thus reading through the entire novel by the end of the semester.)

(We will study Emily Brontë's Wuthering Heights, focusing on about 30 pages of the novel every week, and thus reading through the entire novel by the end of the semester.)
キーワード : English Novel, Emily Brontë, Wuthering Heights
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : Emily Bronte, Wuthering Heights, Penguin Classics
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 初回は授業の説明を行う。作品を初回以外の授業の回数でほぼ等分し、毎週、三人の人に、作品の要約と問題点の指摘をする発表を行ってもらい、議論する。

授業以外での学習に当たって : 毎回の範囲を家で読んでくること。
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-d [専門的研究手法]
文学作品でどういうことが問題になり得るかを授業で検討し、イギリス文学を専門的に研究する手法を身につける。
文学作品についてどういうことが問題になり得るかの理解がかなり優れている。 文学作品についてどういうことが問題になり得るのかの理解が優れている。 文学作品についてどういうことが問題になり得るのかの理解が及第である。 文学作品についてどういうことが問題になり得るのかの理解をするために、一層の努力が必要である。
B_B1-g [論理的思考能力]
学期末に小論文を作成することを通して、論理的に思考を展開する能力を身につける。
作品の解釈を展開する論理的思考能力がかなり優れている。 作品の解釈を展開する論理的思考能力が優れている。 作品の解釈を展開する論理的思考能力が及第である。 作品の解釈を展開する論理的思考能力を身につけるために、一層の努力が必要である。
B_C-c [発想力]
授業での作品分析を通し、作品解釈のための発想力を涵養する。
作品を考察する際の問題設定の発想力がかなり優れている。 作品を考察する際の問題設定の発想力が優れている。 作品を考察する際の問題設定の発想力が及第である。 作品を考察する際の問題設定の発想力を身につけるために、一層の努力が必要である。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B1-g
[論理的思考能力]
B_C-c
[発想力]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験 50%
レポート 50%

成績評価基準に関わる補足事項 : 学期末の筆記試験と3000字の小論文によって成績を評価する。各50%。筆記試験は、初回の授業で指定した約14ページ分の範囲から、主に英文解釈の問題を出題する。初回の授業で出題の形式の見本を提示する。小論文を書く際の留意点は初回の授業で説明する。授業は出席を取り、5回の欠席までは減点しないが、それを越えると、1回毎に3点ずつ減点する。
その他 その他 :

教職 : 教職(英語)
資格 :

更新日 : 2019/4/11 (16:31)