文学部 人文学科 人間科学コース
言語学・応用言語学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生と下地ゼミ3年生のみ
対象学部等: 専攻学生に限る
言語学・応用言語学演習 IV
Linguistics and Applied Linguistics (Seminar IV)
講義題目  フィールドワークによる言語研究
准教授 下地 理則
科目ナンバリングコード: LET-HUM3714J
講義コード: 19054903
2019 後期
毎週 木曜5限
伊都 C-205 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 この授業では、未知の言語の話者に対して調査を行いながら、発音と文法を調べ、一般化していく方法論を学ぶ。教員が用意するいくつかのトピックについて、スカイプを使っての話者との調査しながら、謎を解き明かしていく。チーム形式で行う。今期扱う言語は、すでにバレているかもしれないが、宮古語です。

(This class focuses on field methods and their applications to the actual linguistic fieldwork. )
キーワード : フィールドワーク
履修条件 : 2019年度前期の言語学・応用言語学講義(下地ゼミ生はこの限りではない)
履修に必要な知識・能力 : IPAへの愛
授業計画 テキスト : なし
参考書 : 授業中に紹介する
授業資料 : 適宜配布

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 イントロ:宮古語の復習とトピック提示
2 セッション1:調査 グループワーク スカイプでの調査、調査の準備と結果のまとめのための教員への面談。
3 セッション1:調査 グループワーク スカイプでの調査、調査の準備と結果のまとめのための教員への面談。
4 セッション1:プレゼン
5 セッション1:解説
6 セッション2:トピック提示
7 セッション2:調査 グループワーク スカイプでの調査、調査の準備と結果のまとめのための教員への面談。
8 セッション2:調査 グループワーク スカイプでの調査、調査の準備と結果のまとめのための教員への面談。
9 セッション2:プレゼン
10 セッション2:解説
11 セッション3:トピック提示
12 セッション3:調査 グループワーク スカイプでの調査、調査の準備と結果のまとめのための教員への面談。
13 セッション3:プレゼン
14 セッション3:解説
15 予備

授業以外での学習に当たって : 授業外の活動(調査、調査設計、面談)がかなり大変かつ重要です。これをめんどいと思う人は受けないでください。
学習相談 : 適宜
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-c [言葉の理解]
「言葉」に対する自覚的かつ反省的な関わりを通じて、人間存在への理解を深める。
フィールドワークの方法論を完全に習得している フィールドワークの方法論を十分に習得している フィールドワークの方法論をある程度習得している フィールドワークの方法論を習得できていない
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-c
[言葉の理解]
備考(欠格条件、割合等)
レポート 成績の50%
プレゼンテーション 成績の30%
授業への貢献度 成績の20%

成績評価基準に関わる補足事項 : 特になし
その他 その他 : ノートパソコン必携

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/9/11 (14:47) 〔授業内容の変更などがありうる〕