文学部 人文学科 人間科学コース
言語学・応用言語学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生 3年生(履修者多数の場合は、卒業研究で実験を予定するものを優先する)
対象学部等:
言語学・応用言語学演習 V
Linguistics and Applied Linguistics (Seminar V)
講義題目  言語研究のための計測・統計
講師 太田 真理
科目ナンバリングコード: LET-HUM3715J
講義コード: 19055609
2019 秋クォータ
毎週 火曜2限・金曜2限
伊都 E-101 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 この授業では、脳波計や視線計測装置などの実験装置を用いた実験を経験する。また、実験で得たデータに対して様々な統計処理を行う。授業で扱うデータの分析には、統計解析ソフトウェアRおよびRStudioを用いる。
受講者はRを (https://cran.ism.ac.jp/) より各自のPCにインストールしておくことが望ましい。

(In this course, the students will learn how to run psycho/neurolinguistic experiments with EEG, eyetracker, etc. This course also aims to familiarize students with statistical methods used in linguistics. We use R (https://cran.ism.ac.jp/) and RStudio software. )
キーワード : 脳波 視線計測 行動実験 統計 神経言語学 
履修条件 : 特になし
履修に必要な知識・能力 : 特になし
授業計画 テキスト :
参考書 : 石川慎一郎・前田忠彦・山崎誠 (2010)、『言語研究のための統計入門』、くろしお出版
R. H. Baayen (2008), Analyzing Linguistic Data: A Practical Introduction to Statistics using R, Oxford University Press.
授業資料 : Baayen (2008)の原稿
http://www.sfs.uni-tuebingen.de/~hbaayen/publications/baayenCUPstats.pdf

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 ガイダンス
2 脳波、視線計測、行動実験の概要
3 仮説検定の考え方(t検定、分散分析、回帰分析)
4 行動実験(正答率、反応時間の測定)
5 視線計測実験
6 脳波実験

授業以外での学習に当たって : 授業では様々な実験を行うため、
授業で扱った統計手法を使って、授業中に得たデータを分析してレポートにまとめること。
学習相談 : メールにて適宜相談に応じる。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
授業で扱った統計手法を実際の分析に応用できる。 授業で扱った統計手法の利点と欠点を説明できる。 統計手法の使い分けを大まかに説明できる。 言語研究で使われる統計手法を知っている。
B_B1-e [専門資料の分析]
専門分野で必要な史資料や文献を収集、分析して、その内容を自分の言葉で精確に表現できる。
任意の言語資料に対してRを用いた適切な統計分析を行うことができる。 授業で扱った統計手法について、Rを使った分析を行うことができる。 Rを使って指示された分析を行うことができる。 Rの概要を知っている。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B1-e
[専門資料の分析]
備考(欠格条件、割合等)
出席 20%
提出課題 80%

成績評価基準に関わる補足事項 : 各実験で得たデータの分析を行い、レポートを提出してもらう。
moodle上で出席確認を毎回実施する。質問がある場合は、ohta@litまで連絡すること。質問については次回授業時に補足する。
その他 その他 : 受講者の人数によっては、複数のグループに分けて演習を行う。
実験装置や演習時間の関係上、履修者は最大15名。
多数の場合は初回ガイダンス後に提出するレポートで、履修の可否を判断する。

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/2/28 (18:24)