文学部 人文学科 人間科学コース
心理学 専門分野
専門分野科目 (単位数 1)
選択科目
対象学年: 2年生
対象学部等: 専門分野学生に限る。ただし、他学部や他専門分野の場合要相談。
心理学実験 I

講義題目  初級実験
教授
准教授
講師
中村 知靖
光藤 宏行
山本 健太郎
科目ナンバリングコード:
講義コード: 19054310
2019 夏クォータ
毎週 木曜4限・木曜5限
伊都 A-118 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 心理学は心を科学的に研究する学問であるため、実験や調査によってデータを収集し理論を構築するという手続きをとる。この授業では心理学を学ぶ上で基本となるテーマに関して実験を行い、心理学におけるこころのとらえ方や研究方法について紹介する。

(The purpose of this course is to provide hands-on experience with the methods and techniques of psychology. In addition to completion of experiments, students will develop the skills to design an experiment, statistically analyze and interpret the results, and to present the findings in an APA-style written report.)
キーワード : 心理学 実験
履修条件 : 心理学初級実験IIも必ず受講すること
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : なし
参考書 : 日本心理学会認定心理士資格認定委員会 (2015). 認定心理士資格準拠 実験・実習で学ぶ心理学の基礎 金子書房
ISBN-13: 978-4760830312
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 記憶と自由再生 実習
2 ミュラー・リヤー錯視 実習
3 性格検査 実習
4 一対比較法 実習
5 前半まとめ:今後のよりよいレポート作成への指針,質疑応答
6 マグニチュード推定法 実習
7 視覚探索 実験
8 鏡映描写

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-b [アプローチの理解]
専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
実験を通して心理学的知見について十分に理解し,さらに問題点を指摘できる 実験を通して心理学的知見について十分に理解できる 実験を通して心理学的知見について理解できる 実験を通して心理学的知見について理解できない
態度
積極性,自主性
指示された事柄以上の学修を自発的に行なうことができる 指示された学修を十分に行なうことができる 指示された最低限の学修を行うことができる 指示された学修を行わない
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-b
[アプローチの理解]

態度
備考(欠格条件、割合等)
出席 30%
レポート 70%

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 :
資格 :  認定心理士

更新日 : 2019/3/28 (14:55)