文学部 人文学科 人間科学コース
心理学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
心理学講義VI(神経・生理心理学)

講義題目  心理学講義 VI (神経・生理心理学)
福岡県立大学人間社会学部 准教授 麦島 剛
科目ナンバリングコード:
講義コード: 19055610
2019 後期
毎週 金曜2限
伊都 E-109 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 心理学が研究対象とする知覚・認知・学習・情動・こころの不調・神経心理学的症状などを理解するには、脳を中心とする身体のはたらきとの関係を知ることが意義深い。この授業ではまず神経科学の基本的知識を講義し、次にこころと脳との関係を解説する。

(To understand psychological phenomena including perception, cognition, learning, emotion and neuropsychological disorder, it is meaningful to study the relationship between the phenomena and the functions of the brain. In this lecture, the fundamentals of neuroscience are first introduced, then findings and theories in physiological psychology are elucidated.)
キーワード : 脳とこころ
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : カールソン, N.R.(泰羅雅登他監訳)(2013)神経科学テキスト−脳と行動− 丸善出版
岡田隆他 (2015) 生理心理学 第2版 サイエンス社
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 生理心理学・精神生理学・神経心理学
2 神経細胞の構造と機能(1)活動電位
3 神経細胞の構造と機能(2)伝導
4 神経細胞の構造と機能(3)シナプスと神経薬理
5 神経細胞の構造と機能(4)神経伝達物質1
6 神経細胞の構造と機能(5)神経伝達物質2
7 脳の構造と機能(1)脳幹・間脳
8 脳の構造と機能(2)大脳基底核
9 脳の構造と機能(3)大脳辺縁系
10 脳の構造と機能(4)大脳新皮質(後頭葉・側頭葉)
11 脳の構造と機能(5)大脳新皮質(頭頂葉・前頭葉)
12 意識・覚醒・睡眠・脳波
13 学習・認知・記憶・動機
14 こころの不調(1)統合失調症・抑うつ
15 こころの不調(2)発達障害・臨床神経心理学

授業以外での学習に当たって : 授業では体系的にエッセンスを講義する。しかし生理心理学の知見をすべて紹介するだけの時間はない。授業で築いた土台を踏まえて、参考図書として示した書籍等をひも解いてほしい。
学習相談 : 本務校のメールアドレスへの電子メールにて適宜対応する。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-b [アプローチの理解]
専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
神経細胞および脳の構造と機能、心理学的諸事象の神経基盤についての体系的で詳細な理解が非常にできている。 神経細胞および脳の構造と機能、心理学的諸事象の神経基盤についての体系的で詳細な理解ができている。 神経細胞および脳の構造と機能、心理学的諸事象の神経基盤についての体系的で詳細な理解がやや不十分ながらできている。 神経細胞および脳の構造と機能、心理学的諸事象の神経基盤についての体系的で詳細な理解ができているとはいえない。
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
生理心理学を理解する上での生物学的基礎の習得と生理心理学の用語の習得が非常にできている。 生理心理学を理解する上での生物学的基礎の習得と生理心理学の用語の習得ができている。 生理心理学を理解する上での生物学的基礎の習得と生理心理学の用語の習得がやや不十分ながらできている。 生理心理学を理解する上での生物学的基礎の習得と生理心理学の用語の習得ができているとはいえない。
B_B1-g [論理的思考能力]
文献などの収集能力およびフィールドや実験などの研究能力と、それを系統立てて整理する論理的思考能力を、各研究分野と中等高等教育分野のほか、様々な職種へ活用できる。
自然科学と人文科学を結びつける論理的思考の活用が非常にできている。 自然科学と人文科学を結びつける論理的思考の活用ができている。 自然科学と人文科学を結びつける論理的思考の活用がやや不十分ながらできている。 自然科学と人文科学を結びつける論理的思考の活用ができているとはいえない。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
神経科学の考え方と心理学の考え方を総合する力が非常についている。 神経科学の考え方と心理学の考え方を総合する力がついている。 神経科学の考え方と心理学の考え方を総合する力がやや不十分ながらついている。 神経科学の考え方と心理学の考え方を総合する力がついているとはいえない。
B_B2-d [専門的思考方法]
専門分野の内容に関する深い理解と、学問固有の思考方法を獲得する。
生理心理学に関する深い理解と、生理心理学固有の思考方法を非常に獲得できている。 生理心理学に関する深い理解と、生理心理学固有の思考方法を獲得できている。 生理心理学に関する深い理解と、生理心理学固有の思考方法をやや不十分ながら獲得できている。 生理心理学に関する深い理解と、生理心理学固有の思考方法を獲得できているとはいえない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-b
[アプローチの理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B1-g
[論理的思考能力]
B_B2-a
[総合把握力]
B_B2-d
[専門的思考方法]
備考(欠格条件、割合等)
期末試験

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(公民)
資格 :  認定心理士

更新日 : 2019/2/28 (18:36)