文学部 人文学科 人間科学コース
心理学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年: 2年生 3年生 4年生
対象学部等:
臨床動作学演習(心理学的支援法)

講義題目  リハビリテーション・運動学習支援演習実習
教授/教育学部 遠矢 浩一
科目ナンバリングコード:
講義コード: 19072013
2019 前期
毎週 火曜3限
伊都 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 臨床動作法は,九州大学総合臨床心理センターで開発され,現在,アジア諸国を中心に各国で適用されているリハビリテーションの方法である。本授業では,リハビリテーションのために必要な,運動学(筋・骨格系の運動メカニズム)の基礎を学びながら,人の四肢,体幹,、姿勢に生じる運動コントロールの困難をどのように回復支援するのかを解説すると同時に,実習を行いながら学ぶ。リハビリテーションの考え方および技法は,野球,テニス,陸上競技,水泳,その他の種々のスポーツ競技におけるスランプの調整の理解にもきわめて有用である。投球動作のメカニズム,あるいは,いわゆる肉離れ(Strain損傷)などが生じる原因などを理解しながら,運動障害児者に対するリハビリテーションの技法を学ぶだけでなく,アスリートの筋疲労,筋損傷の防止などについて理解を深めていく。アスリート支援に関心を持つ受講者は,各自の抱える動作コントロール上の困難点について議論しながら,実際の手技を通して,その困難の解決をめざす。被援助者が心身の負担なく,心理学的に安定した状況で,心身の制御を行うことができる支援スキルの学習を目指す。

(Dohsa-method has been developed in Kyushu-University. This method in used as a rehabilitation technique for people with physical disabilities in broader area especially in Asia. Although this method is mainly for the disabilities, this is so useful and effective for the training and relaxation method for the athlete, for example, baseball, tennis, swimming, etc. In this class, the students will learn the movement mechanism of human body and also the muscle manipulation techniques which is especially useful for psychological stability. )
キーワード : リハビリテーション 障がい スポーツ アスリート リラクセーション 運動コントロール 心理学的支援
履修条件 : 1.実習を伴う授業であり,動作者ー支援者のペアリングを行うため,特別な事情を除き,全回出席することを前提とする。 2.障がいを持つ方々や,その他,他者に接する際に必要な社会的・倫理的態度について,平成30年度後期開講の発達相談学講義Vにおいて詳細に解説しているため,3年生以上は本授業を履修済みであることが望ましい。ただし,2年生の履修を制限するものではない。 3.心理学の基礎知識を有していることを前提とする。「心理学入門」の単位未習得の者の受講は認めない。 4.実習を行うため,人数制限を行う。20名程度。障がい児者,アスリート等の心理学的・運動学的支援に強い関心を持つ者が履修登録すること。 5.特に3年生で専攻科目「発達相談学第二(遠矢)」を専攻希望の可能性のある者は必ず履修すること。
履修に必要な知識・能力 : 平成30年度後期 発達相談学講義V単位修得済み学生のみを対象とする。 心理学入門の単位修得済みの者のみを対象とする。
授業計画 テキスト : 授業時に紹介する
参考書 : 授業時に紹介する
授業資料 : 必要に応じて配布する

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 オリエンテーション 演習・実習内容の説明
2 身体運動の基礎知識 1 運動学の基礎を映像・体験を通じて学ぶ
3 身体運動の基礎知識 2 運動学の基礎を映像・体験を通じて学ぶ
4 身体運動の基礎知識 3 運動学の基礎を映像・体験を通じて学ぶ
5 身体運動の基礎知識 4 運動学の基礎を映像・体験を通じて学ぶ
6 身体運動の基礎知識 5 運動学の基礎を映像・体験を通じて学ぶ
7 リハビリテーション技法演習1 頭頸部リラクセーション法
8 リハビリテーション技法演習2 上肢・肩関節リラクセーション法
9 リハビリテーション技法演習3 胸背部リラクセーション法
10 リハビリテーション技法演習4 腰部骨盤帯リラクセーション法
11 リハビリテーション技法演習5 股関節リラクセーション法
12 リハビリテーション技法演習6 膝関節リラクセーション法
13 リハビリテーション技法演習7 足関節リラクセーション法
14 リハビリテーション技法演習 姿勢制御法
15 総括 シェアリング

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-b [アプローチの理解]
基本的な,運動学的・構造学的知識を有すること。
       
B_B1-d [専門的研究手法]
身体的リラクセーションの技法を身につけること。
       
汎用的技能
各種スポーツ・運動障がいリハビリテーションにおける支援に応用できる知識と技術を有すること。
       
態度・志向性
他者に対する身体的・心理的援助に不可欠な倫理的態度を有すること。
       
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-b
[アプローチの理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]

汎用的技能

態度・志向性
備考(欠格条件、割合等)

成績評価基準に関わる補足事項 : 出席と平素の成績により評価する。
その他 その他 : ●授業は,総合臨床心理センター1階プレイルームで行う。授業時は,総合臨床心理センター裏側入り口(イースト1号館側)から入室すること。場所は掲示にて表示する。教員が解錠し,待機するので,教員の許可を得て入館すること。
●センター玄関からの入室は禁止とする。また,プレイルーム以外の館内を無許可に移動することを禁止する。
●ジャージ,Tシャツ等,身体運動実習ができる服装を用意すること。実習時には,総合臨床心理センター3階更衣室にて更衣が可能。
●生物学的性別に応じてペアリングを行い,実習を行う。

教職 :
資格 :  認定心理士

更新日 : 2019/4/8 (01:21)