文学部 人文学科 人間科学コース
社会学・地域福祉社会学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
社会学講義 VIII
Sociology (Lecture VIII)
講義題目  社会学講義 VIII 
福岡県立大学人間社会学部 講師 吉武 由彩
科目ナンバリングコード: LET-HUM3854J
講義コード: 19055809
2019 後期
隔週 金曜4限・金曜5限
伊都 B-101 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要  社会調査協会の認定資格「社会調査士」資格取得のための科目である。当科目は社会調査士の標準カリキュラムにおけるD科目に相当し、「社会調査に必要な統計学に関する科目、統計的データをまとめたり分析したりするために必要な、基礎的な統計学的知識を教える科目」である。内容としては、確率論の基礎、基本統計量、検定・推定理論とその応用(平均や比率の差の検定、独立性の検定)、抽出法の理論、属性相関係数(クロス表の統計量)、相関係数、偏相関係数、変数のコントロール、回帰分析の基礎などである。実際の数値計算は、パソコンのソフトウェア(Excelなど)を用いて行う予定である。

(This is a course of basic statistical analysis. This lecture course focuses on descriptive statistics and inferential statistics.)
キーワード : 記述統計 推測統計 確率
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 篠原清夫・清水強志・榎本環・大矢根淳,2010,『社会調査の基礎――社会調査士A・B・C・D科目対応』弘文堂.
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 授業概要説明(授業概要、授業計画、到達目標、成績評価について説明する)
2 教科書4−1「統計基礎1:社会調査と統計学」(なぜ社会調査で統計学が必要なのかについて論じる)
3 教科書4−2「統計基礎2:尺度と変数」(統計学で扱うデータには、どのようなものがあるのかについて論じる)
4 教科書4−3「統計基礎3:度数分布とグラフ」(データの分布状況を知るにはどうしたらよいかについて論じる)
5 教科書4−4「基本統計量1:代表値」(データの傾向を一言で表現するにはどうしたらよいかについて論じる)
6 教科書4−5「基本統計量2:散布度」、教科書4−6「基本統計量3:正規分布と標準偏差」(データの散らばり具合を知るにはどうしたらよいかについて論じる)
7 教科書4−7「確率論の基礎:検定・推定の理論」(検定や推定とは何かについて論じる)
8 教科書4−8「推定理論とその応用:抽出法の理論」(標本データからどこまで確かなことがいえるのかについて論じる)
9 教科書4−10「独立性の検定:属性相関係数(クロス表の統計量)1」(質的変数間の関連性を知るにはどうしたらよいかについて論じる(属性相関係数については2回に分けて論じる))
10 教科書4−10「独立性の検定:属性相関係数(クロス表の統計量)2」(質的変数間の関連性を知るにはどうしたらよいかについて論じる(属性相関係数については2回に分けて論じる))
11 教科書4−9「相関係数、偏相関係数」(量的変数間の関連性を知るにはどうしたらよいかについて論じる)
12 教科書4−11「平均の差の検定」(質的変数と量的変数の関連性を知るにはどうしたらよいかについて論じる)
13 教科書4−12「変数のコントロール」(変数の関連性に他の変数の影響はないかについて論じる)
14 教科書4−13「回帰分析の基礎」(収集したデータから予測や説明をすることが可能かについて論じる)
15 まとめ(講義を振り返り、統計学的な知識の基礎について確認する)

授業以外での学習に当たって : メールなども含めて適宜相談に応じる。
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_B2-d [専門的思考方法]
専門分野に固有の問題設定や研究方法を正しく身に付けることができる。
統計データを扱うにあたって、各種の分析手法のほとんどすべてを適切に使い分け、その分析結果を的確に判断できる。 統計データを扱うにあたって、各種の分析手法の大半を適切に使い分け、その分析結果を妥当な範囲で判断できる。 統計データを扱うにあたって、各種の分析手法のいくつかを利用し、その分析結果をある程度判断できる。 統計データを扱うにあたって、分析手法の選択が適切にできず、分析結果も満足には判読できない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_B2-d
[専門的思考方法]
備考(欠格条件、割合等)
レポート
授業への貢献度 平常点

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 資格:社会調査士

教職 :
資格 :  社会調査士

更新日 : 2019/2/20 (15:49)