文学部 人文学科 人間科学コース
社会学・地域福祉社会学 専門分野
専門分野科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
地域福祉社会学講義 I
Sociology of Community Welfare (Lecture I)
講義題目  社会調査の
教授 高野 和良
科目ナンバリングコード: LET-HUM2871J
講義コード: 19055810
2019 後期
隔週 金曜4限・金曜5限
伊都 B-101 教室
E/J科目 (日本語, English)
授業の概要 本講義では、社会調査によって得られた資料やデータを、分析し得る形式に整理していくための、具体的な方法等を解説する。社会調査士資格を取得するための科目のなかでB科目に相当する。

(This lecture course focuses on the design and implementation of social research.)
キーワード : This lecture course focuses on the design and implementation of social research.
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 講義中に指示する。
参考書 : 講義中に提示する。
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 講義の目的
本講義の目的と構成を説明し、参考文献などを紹介する。
2 調査目的
社会調査の持つ意義と限界を説明する。目的別に調査を分類して説明する。
3 調査方法の種類と、調査方法の決め方
調査方法を決める際のポイントや、複数の調査方法を組み合わせることについて説明する。
4 調査企画
一般的な社会調査の流れ、社会調査の持つ現実的な制約などを説明する。
5 調査設計と仮説構成
調査テーマの決定と仮説の組み立て方について説明する。
6 全数調査と標本調査
対象となる相手の中から一部を選んで行う調査方法について説明する。
7 無作為抽出法
無作為抽出法の原理と方法を説明する。
8 標本数と誤差
調査を行う際にどれくらい標本数が必要か説明する。
9 サンプリングの諸方法
サンプリングのやり方について説明する。
10 質問文・調査票の作り方
調査票はどのように作成するのか説明する。
11 調査の実施方法@:調査票の配布・回収
調査票調査の実施方法について説明する。
12 調査データの整理@:エディティング、コーディング、データクリーニング
分析の前に、収集された調査データをどうすればよいのか説明する。
13 調査の実施方法A:インタビューの仕方
インタビュー調査の方法や理念を説明する。
14 調査データの整理A:フィールドノートの作成
フィールドノートの作成方法を説明する。
15 講義のまとめ
講義を振り返り、社会調査の意義と留意点を再確認する。

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : 随時相談に応じる。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-b [アプローチの理解]
専門分野の基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
研究テーマに即した調査方法を、根拠と共に複数提示することができる。 研究テーマに即した調査方法を、根拠と共に1つは提示することができる。 研究テーマを明らかにすることができる可能性のある調査方法を、とりあえず提示することができる。 社会調査の方法を提示することができる。
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
量的調査と質的調査それぞれの特性を知り、調査テーマに合わせた使い分けの方法を提示することができる。 量的調査と質的調査それぞれの特性を説明できる。 量的調査と質的調査それぞれに含まれる方法を複数説明できる。 量的調査と質的調査いずれかについては説明できる。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-b
[アプローチの理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
備考(欠格条件、割合等)
レポート

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(公民)
資格 :  社会調査士

更新日 : 2019/8/18 (12:09)