文学部 人文学科

司書科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
図書館情報資源概論
Introduction to Information Resources in library
講義題目  図書館情報資源についての概論
教授
教授
准教授
岡崎 敦
高山 倫明
渡邊 由紀子
科目ナンバリングコード: LET-HUM2077J
講義コード: 19052905
2019 後期
毎週 火曜5限
伊都 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 印刷資料・非印刷資料・電子資料とネットワーク情報資源からなる図書館情報資源について、類型と特質、歴史、生産、流通、選択、収集、保存、図書館業務に必要な情報資源に関する知識等の基本を解説する。

(This lecture course is designed to introduce students to the discipline of the Library Science, in particular, the matters concerned on the information resources,)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : ・高山正也, 平野英俊編集. 図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ ; 8). 樹村房, 2012.7, 192p.(電子ブックあり)
・伊藤民雄著. 図書館情報資源概論 (ライブラリー図書館情報学 ; 8). 学文社, 2012.9, 180p.
・山本順一編著. 情報の特性と利用 : 図書館情報資源概論. 創成社, 2012.4, 213p.
・馬場俊明編著. 図書館情報資源概論. 新訂版 (JLA図書館情報学テキストシリーズ3 ; 8) 日本図書館協会, 2018.11, 270p.
・藤原是明編著. 図書館情報資源概論 (講座・図書館情報学 ; 9 ) ミネルヴァ書房, 2018.9, 176p.
・宮沢厚雄著. 図書館情報資源概論. 新訂第4版. 理想社, 2018.3, 286p.
・藤田岳久編著. 図書館情報資源概論 (ベーシック司書講座・図書館の基礎と展望 ; 4) 学文社, 2016.10, 123p.
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 10月8日(岡崎):序論
2 10月15日(岡崎):情報資源の類型
3 10月29日(岡崎):情報資源の性格
4 11月5日(岡崎):出版
5 11月12日(岡崎):情報資源の流通
6 11月19日(岡崎):情報資源管理をめぐる変容
7 12月3日(高山):各学問分野の特性とコレクション形成-1
8 12月10日(高山):各学問分野の特性とコレクション形成-2
9 12月17日(高山):各学問分野の特性とコレクション形成-3
10 1月7日(渡邊):図書館情報資源の収集プロセス
11 1月21日(渡邊):図書館情報資源の管理プロセス
12 1月28日(渡邊):ネットワーク情報資源

授業以外での学習に当たって :
学習相談 : オフィスアワーのほか、個別の面談(要ランデヴ)で対応する。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-d [資料の理解]
史資料・文献・作品の分析と解釈、および実地調査などに基づいて、世界における文化・歴史・社会の多様性と共通性を理解し説明できる。
図書館情報資源についてよく理解し、素晴らしく説明できる 図書館情報資源についてよく理解し、十分に説明できる 図書館情報資源について理解し、おおよそ説明できる 図書館情報資源についての理解が不十分で、十分な説明能力がない。
B_B1-d [専門的研究手法]
専門分野に固有の問題設定や研究手法を正しく身に付けることができる。
図書館情報資源に固有の問題設定や研究手法を、素晴らしく身に付けることができる。 図書館情報資源に固有の問題設定や研究手法を、十分に身に付けることができる。 図書館情報資源に固有の問題設定や研究手法を、おおよそ身に付けることができる。 図書館情報資源に固有の問題設定や研究手法の取得が十分ではない。
B_B2-a [総合把握力]
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を身に付ける。
知識を総合的かつ有機的に把握する能力を、素晴らしく身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力を、十分に身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力を、おおよそ身に付ける。 知識を総合的かつ有機的に把握する能力の取得が十分ではない。
B_C-f [社会貢献の意欲]
人文学の視点から人類や世界、地域社会への貢献を考える志向を持つ。
情報資源の提供や活用への十分かつ素晴らしい意欲を持つ。 情報資源の提供や活用への十分な意欲を持つ。 情報資源の提供や活用への意欲を持つ。 情報資源の提供や活用への意欲が十分ではない。
GPA評価
A B C D F
半期の授業を通じ,総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 半期の授業を通じ,概ね「優れている」を超える優れた活動を行った。 半期の授業を通じ,「及第である」に相当する活動を行った。 半期の授業を通じ,総じて「及第である」には達しないものの,それに近い活動を行った。 半期の授業を通じ,「一層の努力が必要」の活動にとどまった
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-d
[資料の理解]
B_B1-d
[専門的研究手法]
B_B2-a
[総合把握力]
B_C-f
[社会貢献の意欲]
備考(欠格条件、割合等)
レポート 100%

成績評価基準に関わる補足事項 : 特定問題について、授業内容をさらに発展させて論じるレポートによる。出題形式、課題等は、授業中に指示する。
その他 その他 : 授業日程と内容については、変更の可能性もあるので、掲示やシラバスの修正に注意すること。

教職 :
資格 :  司書

更新日 : 2019/2/21 (08:25)