人文科学府 歴史空間専攻 広域文明史学 分野
西洋史学 専修
博士演習 (単位数 2)
必修
対象学年:
対象学部等:
博士演習
Seminar
講義題目  西欧中世史料研究
教授 岡崎 敦
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2019 後期
毎週 月曜5限
伊都 演習室 教室
M/J科目 (日本語, ラテン語)
授業の概要 西欧中世に関する多様な史料類型に触れるとともに、近年新たな関心を引いている史料論に関わる諸問題を検討する。
歴史学研究は、過去の痕跡=史料とのたえざる対話であるが、質量ともに材料に限界がある中世史研究においては、問題関心や史料類型を狭くしぼることはできない。思わぬ材料から思わぬ歴史情報を引き出すことこそ、歴史研究の本領といえよう。ここでは、文書史料と記述史料という、史料類型の二大分類の双方にふれることとする。具体的な作業としては、史料読解をあらゆるレヴェルで実習し、合わせて史料研究の最前線を追跡する。

(This course aims to familiarize students with the source materials available for the study of European Medieval History, including two genres of documents, diplomatic and narrative.)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 序論
2 1.文書資料論 演習
3 2.記述資料論 演習
4 おわりに

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
DH_A-a [史資料の分析]
収集した史資料・データを文献史学・考古学・地理学的な方法論にもとづいて的確に分析し、実証的な歴史像および歴史・地域認識を提示することができる。
収集した史資料・データを文献史学的な方法論にもとづいて的確に分析し、実証的な歴史像および歴史・地域認識を提示することができる。 収集した史資料・データを文献史学的な方法論にもとづいて的確に分析し、実証的な歴史像および歴史・地域認識を提示することがある程度できる。 収集した史資料・データを文献史学的な方法論にもとづいて的確に分析することができる。 収集した史資料・データを文献史学的な方法論にもとづいて的確に分析することができない。
DH_B1-b [資料体の構築]
歴史空間論の領域に関する文献史料や一次資料、調査データを分析し、その結果を他の研究者にも幅広く活用可能な資料体として構築できる。
歴史空間論の領域に関する文献史料や一次資料、調査データを分析し、その結果を他の研究者にも幅広く活用可能な資料体として構築できる。 歴史空間論の領域に関する文献史料や一次資料、調査データを分析し、その結果を他の研究者にも幅広く活用可能な資料体としてある程度構築できる。 歴史空間論の領域に関する文献史料や一次資料、調査データを分析することができる。 歴史空間論の領域に関する文献史料や一次資料、調査データを分析することができない。
DH_B2-b [理論的思考力]
人文学の実証的な方法と理論的な思考力を身につける。
人文学の実証的な方法と理論的な思考力を身につける。 人文学の実証的な方法と理論的な思考力をある程度身につける。 人文学の実証的な方法と理論的な思考力について理解する。 人文学の実証的な方法と理論的な思考力について理解できない。
DH_C-c [柔軟性]
問題の解決にあたり様々なアプローチの可能性を柔軟に探る。
自ら進んで新しい問題に取り組む積極性を持つ。 自ら進んで新しい問題に取り組む積極性をある程度持つ。 自ら進んで新しい問題に取り組む積極性の重要性を理解する。 自ら進んで新しい問題に取り組む積極性の重要性を理解できない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
DH_A-a
[史資料の分析]
DH_B1-b
[資料体の構築]
DH_B2-b
[理論的思考力]
DH_C-c
[柔軟性]
備考(欠格条件、割合等)
出席 60
プレゼンテーション 40

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 :
資格 :

更新日 : 2019/2/20 (18:52)