人文科学府 歴史空間専攻 地理学 分野
地理学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
社会経済地理学特論 II
Socio-Economic Geography (Specialized Lecture II)
講義題目  経済地理学:グローバル化は「地理の終焉」を導くのか?
専修大学経済学部 教授 長尾 謙吉
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2019 前期
集中
伊都 地理演 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 経済活動のグローバル化は、世界規模で経済や社会の同質化を進めて「地理の終焉」を導くともいわれる。しかし、グローバル化が進むなか変貌する世界経済地図をみれば、世界の諸地域の異質さが増していることもたしかである。こうしたグローバル化とローカル化の逆説的な動きを捉えるためには、経済学が好んで用いる「一点世界」を前提とした理論だけでは不十分であり、地理学的知見が必要となる。地理学、経済学、社会学の知見を活用しながら、グローバル化のもとでの産業集積や大都市圏というローカルな現象にアプローチする。講義形式を基本としつつ、授業内課題の取組みや質疑応答を組み入れる。

(This course introduces approaches in economic geography and examines contributions of theories to the understanding of contemporary globalizing/localizing world.)
キーワード : 経済地理学、立地論、距離、グローバル化、ローカル化、都市化
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 : 水岡不二雄編『経済・社会の地理学』有斐閣、2002年。(特に序章、第1章、第8章、第9章)
杉浦芳夫著『立地と空間的行動』古今書院、1989年。(特に第1章、第2章)
松原宏編『産業立地と地域経済』NHK出版、2012年。(特に第1章から第4章、第7章、第8章)
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 オリエンテーション 授業のねらいと方針
2 グローバル化とローカル化 「地理の終焉」は現実か?
3 変貌する世界経済地図と企業活動 ナイキやアップルの事例
4 絶対空間を通したアプローチ 空間の広がりと境界
5 相対空間を通したアプローチ 位置と距離
6 古典的立地論と現代 ヴェーバーの工業立地論
7 工業立地の変化 鉄とビールの事例
8 工場見学 フィールドワーク
9 工場見学 フィールドワーク
10 工場見学 フィールドワーク
11 古典的立地論と現代 クリスタラーの中心地理論と都市
12 小商圏化と立地競争 コンビニエンス・ストアの立地戦略
13 古典的立地論と現代 チューネンの農業立地論と都市の空間構造
14 「都市の死」をめぐる論争 集積の経済と混雑に伴う不経済
15 都市経済にみるグローバル化とローカル化

授業以外での学習に当たって : 参考文献について事前に目を通しておくこと。
学習相談 : 集中講義のため、授業時間の前後を活用すること。
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
DH_A-b [研究史と方法論の体系的理解]
経済社会の地理的状況へのアプローチと方法論の歴史的流れを理解する。
現代世界への経済地理学的アプローチについて、どのようなものがあるかをよく知っている。 現代世界への経済地理学的アプローチについて、どのようなものがあるかを部分的には知っている。 現代世界への経済地理学的アプローチについて、どのようなものがあるかを知ろうとしている。 現代世界への経済地理学的アプローチについて、どのようなものがあるか知識があいまいである。
DH_B1-b [資料体の構築]
図表をはじめとした資料を理解し、構築に向けた知見を磨く。
実地調査や統計分析などをベースに作成された資料について、作成の意図や手法を理解できる。 実地調査や統計分析などをベースに作成された資料について、作成の意図や手法を部分的に理解できる。 実地調査や統計分析などをベースに作成された資料について、作成の意図や手法を理解でしようとしている。 実地調査や統計分析などをベースに作成された資料について、作成の意図や手法を理解ができない。
DH_B2-a [総合把握力]
世界各地のローカルな現象を重層的な空間スケールを意識して理解する。
現代世界を動かすグローバルな諸力とローカルな諸現象を、論理的に理解できる。 現代世界を動かすグローバルな諸力とローカルな諸現象を、部分的には論理的に理解できる。 現代世界を動かすグローバルな諸力とローカルな諸現象を、論理的理解に努めている。 現代世界を動かすグローバルな諸力とローカルな諸現象を、組み合わせて理解することに苦労している。
MH_B2-d [社会との関わり]
社会の編成にとって地理が持つ異議を理解し、社会との関わり方について考える。
社会の諸問題について、グローバルかつローカルに考え行動することができる。 社会の諸問題について、グローバルかつローカルに考え行動することが部分的にはできる。 社会の諸問題について、グローバルかつローカルに考えようとしている。 社会の諸問題について、グローバルあるいはローカルに考えがちである。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
DH_A-b
[研究史と方法論の体系的理解]
DH_B1-b
[資料体の構築]
DH_B2-a
[総合把握力]
MH_B2-d
[社会との関わり]
備考(欠格条件、割合等)
レポート 50%
授業への貢献度 50%

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 : 集中講義形式で、9月17日(火)〜9月19日(木)の予定。
2日目午後は、可能であれば工場見学を実施する。

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2019/4/10 (22:09) 〔集中講義の日程を変更(4月10日付)。〕