人文科学府 言語・文学専攻 西洋文学 分野
独文学 専修
専修科目 (単位数 2)
選択科目
対象学年:
対象学部等:
ドイツ現代文学批評特論 II
German Contemporary Literary Criticism (Specialized Lecture II)
講義題目  Geschichte der deutschsprachigen Lyrik II
准教授 Maria BUETTNER
科目ナンバリングコード:
講義コード:
2019 後期
毎週 金曜2限
伊都 独文演 教室
M科目 (German, German)
授業の概要 Das Literaturseminar Geschichte der deutschsprachigen Lyrik aus dem Sommersemester wird weitergeführt. Das Seminar wird sich anhand repräsentativer Texte (Lyrik und Lyriktheorie) der Gegenwart entgegen bewegen. Erneut soll es sowohl um formale Merkmale als auch um Interpretation gehen, jeweils im zeit- und geistesgeschichtlichen Kontext.
Material: Das Seminarmaterial wird zu Semesterbeginn bereitgestellt.

Note: Die Note setzt sich aus einer Bewertung der Mitarbeit und einem kurzen Vortrag oder einem kleinen Essay zusammen.

( Lesen, kontextualisieren und interpretieren deutschsprachiger Lyrik)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト :
参考書 :
授業資料 :

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 Literaturunterricht
2 Literaturunterricht
3 Literaturunterricht
4 Literaturunterricht
5 Literaturunterricht
6 Literaturunterricht
7 Literaturunterricht
8 Literaturunterricht
9 Literaturunterricht
10 Literaturunterricht
11 Literaturunterricht
12 Literaturunterricht
13 Literaturunterricht
14 Literaturunterricht
15 Abschlusssitzung

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
ML_A-c [研究史と方法論の体系的理解]
国語学・国文学、中国文学、英語学・英文学、独文学、仏文学、言語学ないしはこれらの領域を横断する研究のうち一つを対象として、当該分野における研究史と方法論を体系的に説明できる。
Sehr gut - A Gut - B Befriedigend - C Ausreichend - D
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
ML_A-c
[研究史と方法論の体系的理解]
備考(欠格条件、割合等)
プレゼンテーション
出席

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(ドイツ語)
資格 :

更新日 : 2019/2/19 (11:56)