会則 投稿規定 大会 学会誌 役員

年1回の定期大会の情報を載せています。
過去の大会の記録はこちら


第67回 西日本国語国文学会 福岡大会

 大会実行委員長:川平敏文
 2017年9月9日(土)・10日(日)
 九州大学附属図書館 新館4階 視聴覚ホール
 (福岡市東区箱崎6-10-1)


第1日 9月9日(土)

 12:30〜    受付開始
 13:10〜13:15 開会の辞、会場校挨拶
 13:15〜16:30 シンポジウム「学生をそだてる国語国文学の教育」
 16:45〜17:15 総会
 17:45〜20:00 懇親会(キャンパス内 生協理農食堂 会費4,000円)


第2日 9月10日(日)

第67回 西日本国語国文学会 福岡大会発表要旨(.pdf)


 10:00〜10:40 発表1 『土佐日記』における海洋表現語彙の分析
             有浦 英毅(長崎大学大学院生)
 10:40〜11:20 発表2 『今とりかへばや』女装の男君についての一考察
              ―潜在する「男性性」とその解放―
             田島 智弘(九州大学大学院生)
 11:20〜12:00 発表3 『我が身にたどる姫君』にみる中世的表現
              ―擬古と自立と―
             前川  暁(九州大学大学院生) 

 12:00〜13:10 昼食・休憩

 13:10〜13:50 発表4 光源氏の変奏としての『在明の別』の左大臣
             小松 明日佳(九州大学大学院生)

 13:50〜14:30 招待発表1 薄田泣菫『白羊宮』論 ―倉敷市蔵原稿の検討から―
               竹本 寛秋(鹿児島県立短期大学)

 14:30〜14:45 休憩

 14:45〜15:25 発表5 北松方言における小値賀島藪路木島方言の特徴について
              ―『藪路木島方言集(仮題)』を用いた方言記述―
             門屋 飛央(九州大学専門研究員)

 15:25〜16:05 招待発表2 萬葉集の「仮名」
                ―用法としての「仮名」の二類について―
               佐野  宏(京都大学)

 16:05〜16:20 閉会の辞、諸連絡