会則 投稿規定 大会 学会誌 役員

年1回の定期大会の情報を載せています。
過去の大会の記録はこちら


第68回 西日本国語国文学会 大分大会

 大会実行委員長:森脇茂秀
 2018年9月1日(土)・2日(日)
 別府大学メディア教育・研究センター4階メディアホール
 (大分県別府市北石垣82)

*当初の会場より変更がありましたのでご注意ください。


講演・発表要旨(PDF)はこちら


第1日 9月1日(土)


 13:30〜    受付開始
 14:10〜14:20 開会の辞
        会場校挨拶(別府大学学長 佐藤 瑠威)
 14:25〜16:35 公開講演会
        講演1 三浦梅園とくにさき
          飯沼 賢司(別府大学文学部長)
        講演2 想定された幸福 ―大伴坂上大嬢の歌をめぐって―
          浅野 則子(別府大学文学研究科長)
 16:45〜17:15 総会
 17:30〜20:00 懇親会
       (大分香りの博物館1階 カフェ サ・サンボン)会費5,000円


第2日 9月2日(日)


 10:00〜10:40 発表1「さすが」の構文的条件に関する考察
          周 世超(鹿児島国際大学大学院生)
 10:40〜11:20 発表2「ヤラカス」の意味・用法について
          豊田 圭子(北九州工業高等専門学校)
 11:20〜12:00 招待発表1 愛媛県東中予方言における限定の副助詞ギリの記述
              ―形式名詞ギリの文法化をふまえて―
          岩田 美穂(就実大学)

 12:00〜13:20 昼食・休憩

 13:20〜14:00 発表3 忠こそ物語の構想と中国文学 ─舜子譚とその周辺─
          余 鴻燕(九州大学大学院生)
 14:00〜14:40 発表4 桃源瑞仙の三体詩の抄物を追って
            ―駒澤大学図書館蔵『三体唐詩絶句鈔』を中心に―
          古田 龍啓(九州大学大学院生)

 14:40〜14:55 休憩

 14:55〜15:35 招待発表2 明治期における華族と御歌所による和歌活動
              ―「向陽会」・「興風会」を中心に―
          長福 香菜(大分県立芸術文化短期大学)
 15:35〜16:15 発表5 佐藤春夫の魯迅著「故郷」の翻訳文体についての考察
          曲 嵐(岡山大学大学院生)

 16:15〜16:20 閉会の辞