九州大学文学部・大学院人文科学府・大学院人文科学研究院

HOME新着情報一覧学籍異動について(様式改訂)

学籍異動について(様式改訂)

 

学籍異動の様式が改訂されました。

押印廃止に伴って、保護者や指導教員の押印の同意が得たことがわかる旨、日付等を記入する様式となっております。

詳細については、下記より新様式をご確認ください。

 

すでに旧様式でご用意いただいている場合も問題ございませんので、その旨教務課へご連絡ください。

 

  九州大学人文社会科学系事務部教務課(文学部・人文科学府担当)
  tel:  092-802-6365
  e-mail: jbkkyomu1lt@jimu.kyushu-u.ac.jp

 

※新様式は下記よりダウンロードください。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

以下の手続きの申請書の提出締切は、令和3年8月20日(金)です。

 ・令和3年9月30日付け退学

    ・令和3年度後期休学(延長)

    ・令和3年度後期復学

退学および休学については、手続きが遅れると後期分の授業料が発生しますので、

締切を守るよう気をつけてください。

また、日本学生支援機構等から奨学金を受給している場合は、願様式の一番下に記入してください。

   退学願(大学院)

   退学願(学部)

   休学願(大学院)

   休学願(学部)

   休学延長願(大学院)

   休学延長願(学部)

※退学する際には、進路状況調査も併せてご提出ください。

 

【留意事項】

○ 必ず、指導教員の承認を得ること。

○ 経済的理由により休学延長を希望する場合は、学資支弁が困難であることを客観的に判断できる証明書等

(例:家計支持者の病気が理由である場合は、本人又は保証人による申立書でも構いません)及び指導教員の副申書を添付すること。

○ 病気により休学延長を希望する場合は、医師の診断書及び指導教員の副申書を添付すること。

○ 留学による休学を延長する場合は、受入機関の受入許可書(別紙で日本語訳をつけること)及び指導教員の副申書を添付すること。

   復学願(大学院)(既に許可されている休学期間内に復学を希望する場合).doc(既に許可されている休学期間内に復学を希望する場合)

   復学願(学部)(既に許可されている休学期間内に復学を希望する場合).doc (既に許可されている休学期間内に復学を希望する場合)

   復学届(大学院)(許可された休学期間が終了することにより復学する場合).doc (許可された休学期間が終了することにより復学する場合)

   復学届(学部)(許可された休学期間が終了することにより復学する場合).doc (許可された休学期間が終了することにより復学する場合)

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

一覧に戻る