九州大学文学部・大学院人文科学府・大学院人文科学研究院

HOME部局組織・運営組織構成国語学・国文学研究室

国語学・国文学研究室

文献からの出発

全国屈指の蔵書量を誇り、資料に即した実証主義的学風が本研究室の特色である。地方であることは、この情報化時代にあってはもはやマイナスではなく、むしろ中央を相対化する視点をもたらしてくれると考えてよい。またグローバリゼーションの時代でもあるが、母語やそれによって構築され蓄積されてきた文化に対する深い理解と明確な価値観が、より一層求められていると確信する(それらをことさら特別視し祭り上げる風潮には与しないが)。同時に世界への発信を急務と考え、海外からの留学生の積極的な受け入れにも努めているところである。

このような基本姿勢のもと、国語学(日本語研究)の分野では日本語の時間的変容(日本語史)と空間的変容(方言)の研究を中心的課題に据え、これまでの学問的蓄積の継承・発展を期するとともに、時代の趨勢を踏まえた様々なアプローチを行っている。また、国文学(日本文学研究)では、堅実な文献学・訓詁注釈に立脚した実証主義を貫き、各時代にわたる文学作品の内実を解明するとともに、それをとりまく社会状況の精神史的意味の追究を行っている。

授業の多くは演習形式で行われ、資料の読解や、各自が持ち寄ったテーマについての討議が中心となる。大学院においては、修士論文や博士論文の目標をしっかりと定め、その進捗状況を定期的に発表することが課せられる。各自の研究テーマは自主性に任されており、提出される論文は時代・分野・方法も多種多様である。スタッフ一同は、教科書的知識の習得ではなく、新たな知識を得るための方法論、そして、真理にむかって自由に研究を楽しむ喜びを、ここで知ってほしいと願っている。

研究室ホームページへ

教員

青木 博史(AOKI Hirofumi)国語学・国文学講座/准教授

  • 専門
    日本語文法史
  • 専門分野
    派生・複合など語形成に関する研究、動詞の自他を中心としたヴォイスに関する研究、複文における従属節に関する研究。中世末期言語資料の文献学的研究。
  • 主要業績
    『語形成から見た日本語文法史』(ひつじ書房、2010年)
    『日本語文法の歴史と変化』(編著、くろしお出版、2011年)
    『日本語歴史統語論序説』(ひつじ書房、2016年)

教員データベースへ

川平 敏文 (KAWAHIRA Toshifumi) 国語学・国文学講座/准教授

  • 専門
    近世文学・思想史
  • 専門分野
    17~18世紀における思想と文学のありようを研究している。特に徒然草受容史、九州・東アジ ア文化史、俳文学史、学者・文人伝研究など。
  • 主要業績
    『兼好法師の虚像―偽伝の近世史』(平凡社、2006年)
    『徒然草の十七世紀―近世文芸思潮の形成』(岩波書店、2015年)
    『長崎先民伝注解』(共編、勉誠出版、2016年)
    『徒然草 無常観を超えた魅力』(中公新書、2020年)

教員データベースへ

岡田 貴憲 (OKADA Takanori) 国語学・国文学講座 / 准教授

  • 専門
    中古文学
  • 専門分野
    平安時代物語・日記文学の研究。特に、『源氏物語』ほか作り物語の注釈的研究、および日記文学の資料的研究。
  • 主要業績
    『『和泉式部日記』を越えて』(単著、勉誠出版、2015年)
    『『和泉式部日記/和泉式部物語』本文集成』(共編著、勉誠出版、2017年)
    『ひらかれる源氏物語』(共編著、勉誠出版、2017年)

教員データベースへ