部局組織・運営
HOME > 部局組織・運営> 仏文学研究室

仏文学研究室

他者と出会い、自分を知る 異邦への旅

歴史は鏡であるとは、よく知られた言葉ですが、その意味を本当に分かるには多くの書物や史料にあたり、歴史に推参する労が必要でしょう。いにしえの人々の暮らしを知り、考え方や感情の機微について丹念に思いを凝らすことが、なににもまして大切なはずです。 異文化についても事は同じではないでしょうか。ネット検索は確かに便利ですが、ひとつの言語に習熟し、人々の生活から生まれた表現の数々に時間をかけて親しみながら、想像力を駆使して多様な相違に対する感受性を鍛えなければ、 歴史や文化を異にする他者を深く理解することは叶わないでしょう。文学作品が私たちに開く世界もまた、そうした遭遇を可能にする豊穣な大海にほかならず、人間という存在をめぐり思索を深めてきた作家たちの著作を読み進むうち、私たちは知らず知らずに自らの省察へと導かれるはずです。その意味では、他者を知ることは、じつは自分自身を知ることと異なりません。当研究室が仏語原典の厳密な読解をなによりも重視する理由は、もはや説明するまでもないでしょう。もちろん実用的な語学力の向上にも力を注いでおり、フランス人教師が周到にメニューを組んだ語学演習を開講しています。その成果は、仏語検定試験上級合格者の輩出という実績だけでなく、毎年2、3名の学部生が本学の交換留学プログラムによりボルドー大学やエクス=マルセイユ大学に留学するという形で現れています。そのなかにはフランス文化への探究心が高じて、外務省の専門職員になった強者もいるほどです。もちろん大学院の門戸を叩く者も動機は同じでしょう。院生たちは学部時代に出会った作家や作品についての考究を深めるために、修士課程では実証的な研究方法を身につけ、専門領域の研究史を体系的に学び、学術論文の執筆技術を実践的に習得します。さらに博士後期課程では留学により本場の学問的環境を経験しつつ、フランス本国の専門家に伍して研究を進める力を涵養するのです。このように仏文学研究室では、皆さんの先輩たちがフランスとの出会いを通じて自らをよく省み、自らに問いかけ、様々な形で自らの力を試し、鍛えています。

研究室ホームページへ

教員

  1. 髙木 信宏 (TAKAKI Nobuhiro) 仏文学講座/教授
  2. 専門 フランス文学(18世紀後半から19世紀)
  3. 専門分野 19世紀ロマン主義文学、特にスタンダールの小説作品を対象として文学史的な研究をつづけています。また18世紀の啓蒙思想からロマン主義にいたる思潮にも関心があり、ルソー、シャトーブリアンといった大作家や、今日では忘れ去られた作家のテクストをとりあげ、社会体制の変遷と関連づけつつ文学の動向を多角的に考証しています。
  4. 主要業績
    『スタンダール—小説の創造』(慶應義塾大学出版会, 2008).
    « Deux lettres inédites de Stendhal : documents Jean-Jacques Ampère » (HB, Revue internationale d’études stendhaliennes, no 21, 2017).
    « Variantes de l’édition Hetzel de La Chartreuse de Parme » (HB, Revue internationale d’études stendhaliennes, no 20, 2016).
    « Petite remarque sur l’histoire du stendhalisme : Paul Léautaud et Adolphe Paupe » (L’Année Stendhalienne, no 14, 2015).

教員データベースへ

  1. シャルレーヌ・クロンツ (CLONTS, Charlène) 仏文学講座/准教授
  2. 専門 フランス文学(20世紀)
  3. 専門分野 現代文学、とりわけ現代詩の方法論について研究しています。近年ではルーマニア出身の20世紀フランスの詩人ゲラシム・ルカの作品をとりあげ、ピクトポエジーとオントフォニーの観点から詩の分析と解釈をおこなっています。またルカが加わっていたシュルレアリスムの芸術と活動についても文学史的・実証的な調査をつづけています。
  4. 主要業績
    Escapades (Hatier, 2012).
    « Comme je dis comme : ravinement et maillage de l’espace figural dans l’oeuvre de Gherasim Luca » (Europe, no 1045, 2016).
    « Je m’oralise : Gherasim Luca et le Théâtre de bouche » (Mélusine - Cahier du Centre de Recherches sur le surréalisme, no 34, 2014).
    « Le surréalisme et les arts du spectacle » (L’Âge d’Homme, 2014).
ページの上部に戻る