イベント
HOME > 新着情報一覧 > 研究・活動 > 人社系協働研究・教育コモンズ第7弾企画シンポジウム「『空飛ぶクルマ』の社会実装における社会的課題解決に向けて」

新着情報詳細 【研究・活動】

2020.11.19
人社系協働研究・教育コモンズ第7弾企画シンポジウム「『空飛ぶクルマ』の社会実装における社会的課題解決に向けて」

 人社系協働研究教育コモンズ第7弾企画として、「『空飛ぶクルマ』の社会実装における社会的課題解決に向けて」を下記の要領で開催いたします。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 「空飛ぶクルマ」の研究開発と社会実装に向けた動きが急ピッチで進んでいます。
 この新しい移動手段(モビリティ)が社会に普及したならば、私たちの生活環境はどのように変わることになるのでしょうか。このシンポジウムでは、「空飛ぶクルマ」が社会実装される際に解決されるべき「倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI: Ethical, Legal and Social Issues)」について、幅広い観点から検討します。

※JST/RISTEX ELSIプログラム プロジェクト企画調査『「空飛ぶクルマ」の社会実装における社会的課題解決についての基礎的検討』の一環で行います。

 

「空飛ぶクルマ」の社会実装における社会的課題解決に向けて
日 時: 2020年12月2日(水) 15:00~18:00
実施形態:オンラインによる開催(zoomまたはTeamsで配信)
プログラム:
【第1部】 報告・コメント
  企画趣旨(小島立(九州大学 大学院法学研究院 教授))
  「空飛ぶクルマ」の研究開発の現状と今後の見通し(岩熊成卓(九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授))
  イノベーション・データ・セキュリティ(平山賢太郎(九州大学 大学院法学研究院 准教授))
  モビリティの発達と都市の変容――空間・人間・社会へのインパクト
     (黒瀬武史(九州大学 大学院人間環境学研究院 准教授))
  コメント(野口和彦(JST-RISTEX ELSIプログラム アドバイザー/
     横浜国立大学 先端科学高等研究院 リスク共生社会創造センター 客員教授))

【第2部】 パネル討論・質疑応答
  小島立(九州大学 大学院法学研究院 教授)
  岩熊成卓(九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授)
  平山賢太郎(九州大学 大学院法学研究院 准教授)
  成原慧(九州大学 大学院法学研究院 准教授)
  黒瀬武史(九州大学 大学院人間環境学研究院 准教授)
  藤田雄飛(九州大学 大学院人間環境学研究院 准教授)
  陳思聡(九州大学 大学院人間環境学研究院 准教授)
  三和正人(九州大学 学術研究・産学官連携本部 研究推進主幹)
  野口和彦(JST-RISTEX ELSIプログラム アドバイザー/
     横浜国立大学 先端科学高等研究院 リスク共生社会創造センター 客員教授)

参加費:無料

申込方法:事前申し込みの必要あり。下記URLで登録をお願いします。
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=iV9x12qT90q7daV6yZZG-oNiPOPoyS9IqCOUL_BId8BURUFXMzFTRkJaSlNWMEVaRjhMWU9TVVdBUi4u

問い合わせ先:人社系コモンズ企画運営室: enquiry-commons★cmns.kyushu-u.ac.jp(★を@に変更してください)

コモンズホームページhttp://commons.kyushu-u.ac.jp/collaborative/news

ページの先頭にもどる