イベント
HOME > 新着情報一覧 > 研究・活動 > 言総研セミナーのお知らせ(言語聴覚士・日本語教師向け)

新着情報詳細 【研究・活動】

2021.02.03
言総研セミナーのお知らせ(言語聴覚士・日本語教師向け)

このたび,言語運用総合研究センターでは下記のとおり社会連携特別セミナーを開催いたします。どなたでも参加可能です。ぜひ,この機会に,多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------------
1.言語聴覚士セミナー言語聴覚士ポスター.pdf

【日時】令和3年2月28日(日)10:00~12:00 ※ オンライン開催
【会場】zoomによるオンライン開催

【講師・題目・概要】
入山 満恵子 先生(新潟大学教育学部・准教授)

「学習言語の評価と指導」

日常の言語指導で子どもたちとやりとりをしていて、「しゃべっているけど何かへん?」「伝わりにくい...」と感じることはないだろうか。また、その印象とは裏腹に、思っていた以上に標準化検査の言語領域の成績が高く、その差に違和感をおぼえたことはないだろうか。幼児期から学齢期にかけて伸びていく「学習言語」は、日常会話レベルを超えた高次の言語活動であり標準化検査でもなかなか把握が難しいのが現状です。 その学習言語の評価や指導を、事例をまじえてご紹介いたします。

【参加費】
無料

【申し込み方法】
令和3年2月27日(土)17:00までに,下記のリンク(google form)にてお申し込み下さい。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScdJB6VIqg1oC2iF9o4sJ1To7cPI9MQViXzoFJ0ecL5KM_ueQ/viewform
-------------------------------------------------------------------------------------
2.日本語教育セミナー(日本語教師ポスター.pdf
【日時】
令和3年3月14日(日)10:00~16:00

【会場】
zoomによるオンライン開催

【講師・題目・概要】
峯松 信明 先生(東京大学)
①「OJAD(Online Japanese Accent Dictionary)とそれを用いた音声指導」(10:00-12:30)
多くの学習者が「日本語らしく自然な発音を学びたい」と考える一方,音声・韻律教材が不足しています。このような現状に鑑み,a) アクセントやその変形を教科書ガイド的に示し,b) 任意の文を対象として,共通語としての韻律制御を可視化し,c) その通りに読み上げる,などの機能を備えた OJAD が開発されました。本講習会では1) 日本語の韻律に関する基礎,2) OJAD各種機能の体験,3) OJAD を使った音声指導の具体例,を学びます。本講習会は40ヶ国以上で,140回以上,開催してきました。各地のスピーチコンテストに導入されています。

②「音声情報処理技術を用いた言語学習・獲得支援」(13:30-16:00) (峯松信明先生、西村多寿子先生による招待講演)
OJADは学習者の「話す」能力向上を目的とした技術支援ですが,音声技術を用いると様々な学習支援が可能です。波形としての音声(音声の物理的側面)を分かりやすく解説し,「聞く」ことに着目した,日本人の英語学習支援,及び,発達障害の一つであるdyslexia 支援を紹介します。いずれも音声を様々に変形し,それを聴取することで「聞く」を支援します。前者は,英語学習者の聞き取りの頑健さ向上を目的とし,後者は「聞く」を通して「読む」力を育てることを検討しています。時間が許せば自閉症支援についても,その可能性を紹介します。

【参加費】
無料

【申し込み方法】
令和3年3月13日(土)17:00までに,下記のリンク(google form)にてお申し込み下さい。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdab9o0BA0xypA1NqNBWFcgwGazW5_86I1MIBfXQfMeCd3uGg/viewform
【申し込み先・問い合わせ先】
九州大学大学院人文科学研究院附属 言語運用総合研究センター
〒819-0395 福岡市西区元岡744
E-mail:cslpstuff@gmail.com

ページの先頭にもどる