HOME > 研究室史

沿革

・1993年4月 イスラム文明学講座設置。
・1993年10月 清水宏祐教授着任。旧教養部より1期生5名進学。東洋史学研究室に間借りしてスタート。 
・1994年4月 現研究室開室。 
・1995年4月 清水和裕助手着任。
・1996年4月 大稔哲也助教授着任。演習室開室。初の修士課程学生誕生。 
・1996年12月 九州史学会大会において、初めてイスラム文明学部会を開催(以後毎年開催)。 
・1998年3月 清水和裕助手退任,終身名誉助手に。(以後2004年まで、助手不在講座となる)。 
・1998年4月 初の博士後期課程進学者誕生。 
・2000年4月 大学院重点化に伴なう組織改革により、イスラム文明史学講座へ名称変更。 
・2002年12月 九州史学会大会イスラム文明学部会において10周年記念特別企画を開催。 
・2004年3月 西村淳一助手着任。
・2006年3月 大稔哲也助教授退任。西村淳一助手退任。
・2006年4月 西村淳一非常勤講師誕生。旧演習室閉室、新演習室開室。
・2007年4月 清水和裕准教授着任。
・2011年3月 西村淳一非常勤講師退任。
・2012年3月 清水宏祐教授退任。
・2012年5月 清水和裕准教授退任。清水和裕教授着任。
・2012年4月 石黒大岳助教着任。
・2013年3月 石黒大岳助教退任。
・2013年10月 小笠原弘幸准教授着任。
・2018年8月 新伊都キャンパス移転


人員構成(2018年4月現在)

1.png

専攻決定者・卒業者数

2.png
卒業時に決定していた者のみ。

大学院入学・進学者数
3.png