HOME > 担当教員

清水和裕教授

kazu.png

 2007年4月に着任。
 ご専門は、西アジア前近代史です。8世紀に成立したアッバース朝では、その後のイスラーム世界を形作る、政治・社会・経済・法などのあらゆるシステムが生み出されました。先生は、アッバース朝の解体に至るまでの初期イスラーム史を様々な視角から検討することにより、多様なイスラーム政権やイスラーム社会の理解を目指されています。演習では、アラビア語の史料を講読します。とても気さくな先生です。

主要著書:『軍人奴隷・官僚・民衆―アッバース朝解体期のイラク社会―』(山川出版社)など。
共翻訳書:ヒラール・サービー著『カリフ宮廷のしきたり』(松香堂)など。

※詳細については、こちらをご参照ください。

小笠原弘幸准教授

oga1.jpeg

 2013年10月に着任。
 ご専門は、オスマン帝国史です。特に帝国の前近代における歴史叙述のあり方について、ペルシア語歴史叙述との関係にも注意を払いつつ、考察を進められています。最近では、近代やトルコ共和国初期における歴史認識の問題についても研究されています。演習では、トルコ語やペルシア語の史料を講読します。気さくも気さくな先生です。

主要著書:『イスラーム世界における王朝起源論の生成と変容―古典期オスマン帝国の歴史叙述をめぐって―』(刀水書房、2014年)
『オスマン帝国-繁栄と衰亡の600年史-』(中公新書、2018年)

主要論文:「王家の由緒から国民の由緒へ-近代オスマン帝国におけるナショナル・ヒストリー形成の一側面―」歴史学研究会(編),『由緒の比較史』青木書店,2010, pp.125-158; 「トルコ共和国公定歴史学における「過去」の再構成-高校用教科書『歴史』(1931年刊)の位置づけ―」『東洋文化』91, 2011, pp.289-309.

※詳細については、こちらをご参照ください。

齋藤久美子助教

IMG_E8092.JPG

2019年4月に着任。
 ご専門は、オスマン帝国史です。中でも前近代のオスマン帝国治下におけるアナトリ東部の歴史について研究されています。小笠原先生がトルコに行かれている間、トルコ語やペルシア語の史料講読の演習を担当されます。もちろん気さくな先生です。


主要論文:「オスマン朝のティマール政策 : ビトリス縣へのティマール制導入をめぐって」, 『東洋史研究』, 71(2),738-705,2012-09
「オスマン朝のクズルバシュ対策」近藤信彰(編),『近世イスラーム国家史研究の現在』,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,pp.107-120,2015

※詳細についてはこちらをご参照ください。