会     則(20141018日改正)

第 1 条(名称)

本会は「九州史学研究会」と称する。

第 2 条(事務局)

本会の事務局は九州大学文学部日本史学研究室に置く。

第 3 条(目的)

本会は日本史研究の向上、ならびに国内外の研究者の交流をはかることを目的とする。

第 4 条(事業)

本会は前条の目的を達成するため、以下の事業を行う。

(一)雑誌『九州史学』(年三回)の発行

(二)総会及び大会の開催

(三)その他研究会など必要な事業

第 5 条(入会方法)

本会の目的に賛同する者は、会費(年額四〇〇〇円)を納めて会員となることができる。

第 6 条(会費の納入)

会費は一年分を前納するものとする。

第 7 条(年度)

本会の年度は大会の翌日から始まり、翌年の大会に終わる。

第 8 条(会長)

本会に会長を置き、会長は総会において会員の中から選出する。

会長の任期は二年とし、再任は妨げない。

会長は総会の召集を行い、会の運営について責任をもつ。

第 9 条(役員)

本会に左の役員を置く。

委員 若干名 委員は委員会を組織し、内規を定め、編集・会計・庶務などの会務を処理する。

監事 若干名 監事は会計監査を行う。

役員は総会において会員の中から選出する。役員の任期は一年とし、再任を妨げない。

第 10 条(総会)

総会は毎年一回開き、会務の報告を行う。

尚、緊急な問題については、臨時に総会を開く。

第 11 条(会員の権利)

会員は本会主催の事業に参加し、雑誌『九州史学』の配布を受け、同誌に論文を投稿し、大会での研究報告に応募する権利を有する。

第 12 条(会員権利の停止)

会費を三年分滞納した会員は、前条の諸権利が停止される。

第 13 条(会員資格の喪失)

会員権利が停止されて以降、更に一年間会費を納入しない会員は、その資格を喪失する。

第 14 条(会費の不返還)

会員が既に納入した会費は返還しない。ただし一年分を超して前納している場合には、一年分を超える金額を返還する。

第 15 条(退会)

会員は退会について事務局に申請し、退会することができる。

第 16 条(改正)

会則の改正は総会の承認により行う。

附則

本会則は二〇一四年一〇月一八日から施行する。

 

 

 

 

 

 

 

旧     会     則

第 1 条

本会は「九州史学研究会」と称し、事務局を九州大学文学部日本史学研究室に置く。

第 2 条

本会は日本史研究の向上、ならびに国内外の研究者の交流をはかることを目的とする。

第 3 条

本会は次の事業を行う。
.雑誌『九州史学』(年3回)の発行
.総会及び大会の開催
.その他研究会など必要な事業

第 4 条

本会の目的に賛同する者は、会費(年額4000円)を納めて会員となることができる。
会員は本会主催の事業に参加し、雑誌『九州史学』の配布を受け、 同誌に研究論文などを投稿することができる。

第 5 条

本会に会長を置く。会長は総会において会員の中から選出する。会長の任期は2年とし、再選は妨げない。会長は総会の召集を行い、会の運営について責任をもつ。

第 6 条

本会に左の役員を置く。
委員 若干名
  委員は委員会を組織し、編集・会計・庶務などの会務を処理する。
監事 若干名
  監事は会計監査を行う。
役員は総会において会員の中から選出する。役員の任期は1年とし、再選を妨げない。

第 7 条

総会は毎年1回開き、会務の報告を行う。尚、緊急な問題については、臨時に総会を開く。

第 8 条

会則の改正は総会の承認により行う。

附   則

1.    本会則は、20001016日から施行する。