学部生・院生紹介

西洋史学研究室では、OD・院生(博士・修士)・学部生が所属し、日夜研鑽を積んでいます。

OD
森 崇浩
MORI Takahiro
スイス近世史
論文
・15世紀バーゼル邦におけるアムト制の展開―アムト・リースタールの事例から―(『西洋史学論集』第40号、2002年、1-20頁)
 法華津 晃
HOKETSU Akira
フランス中世史
 論文
・11世紀のクリュニー修道院におけるカルチュレールの操作―カルチュレールA,Bを中心に―(『西洋史学論集』第53号、2016年、23-36頁)
・10世紀マコネ地方における書記と在地社会(『西洋史学論集』第49号、2011年、21-38頁)
・修道院領主制の展開と俗人領主社会―11世紀クリュニー修道院への譲渡文書付随条項の検討―(『九州歴史科学』第35号、2007年、50-70頁)
書評
・轟木広太郎『戦うことと裁くこと―中世フランスの紛争・権力・真理―』昭和堂、2011年(『西洋史学』第244号、2011年、59-61頁)
学会発表
・10-11世紀クリュニー修道院の所領形成の再検討―贈与、文書化、記憶化の側面から―
*学会名:ワークショップ西洋史・大阪、場所:大阪大学、期日:2015年5月
・10-11世紀クリュニー修道院への贈与と売却の持つ多義性とその選択的な利用
*学会名:2014年度広島史学研究会大会、場所:広島大学、期日:2014年10月

人文科学研究院専門研究員
大浜 聖香子
OHAMA Mikako
中世フランス政治社会史
論文
1.「中世盛期北フランスにおける中規模領邦の展開(12世紀後期-13世紀初期) ―ポンテュー伯の側近たちをめぐって―」『西洋史学論集』第46号、pp. 39-57、平成20年(2008年)。

2.「12-13世紀におけるポンテュー伯の統治 ―『ポンテュー伯文書』を素材に―」『電通育英会大学院奨学生研究報告集』第1号、pp. 16-19、平成20年(2008年)。

3.「12-13世紀におけるポンテュー伯の文書と文書局 ―伯の統治に関して―」『西洋中世文書の史料論的研究 平成21年度研究成果年次報告書』pp. 29-34、平成21年(2009年)。

4.「12-13世紀における北フランス中規模領邦とコミューン ―ポンティウ伯領を素材に―」『西洋史学』第255号、pp. 22-40、平成26年(2014年)。

5.「12-13世紀におけるポンティウ伯の文書と文書局」『西洋史学論集』第53号、pp. 1-22、平成28年(2016年)。

6.「12-13世紀における北フランス中規模領邦の諸権利 ―ポンティウ伯領を素材に―」『七隈史学』第18号、pp. 111-125、平成29年(2017年)。
高津 智子
TAKATSU Tomoko
欧州統合史
 論文
・欧州統合をめぐるヨーロッパ共通性の議論―初期欧州審議会を中心に―(『西洋史学論集』第48号、2010年、79-97頁)
・Driving Forces of Early European Integrations and Their Implications for East Asia: the Role of Transnational Party Cooperation(Asia-EU Conference, Busan, 2012, pp.545-564)
・欧州政治共同体条約をめぐるトランスアトランティック・ネットワーク:統一ヨーロッパ・アメリカ委員会とヨーロッパ運動(『史林』、第98巻5号、2015年、97-96頁)
学会発表
・Driving Forces of Early European Integrations and Their Implications for East Asia: the Role of Transnational Party Coorperation
*学会名:Asia-EU International Conference、場所:Busan、期日:2012年2月
・欧州統合成立期における米欧間の非公式ネットワーク―統一ヨーロッパ・アメリカ委員会に着目して―
*学会名:2016年度九州西洋史学会春季大会、場所:九州大学、期日:2016年3月

大学院生(博士課程)
平田 哲也
HIRATA
Tetsuya
(D1)
ドイツ現代史
論文
・平田哲也、「ブーヘンヴァルト強制収容所と「反ファシズム」:「赤いカポ」の戦後の語りをめぐって」、『九州歴史科学』47 号、九州歴史科学研究会、pp. 55-75、2019年12月15日。
・平田哲也、「1945年ドイツの「反ファシズム」:ブーヘンヴァルト強制収容所の解放とヴァルター・バルテル」、『次世代人文社會研究』16 号、日韓次世代学術フォーラム、pp. 85-102、2020年3月31日。
口頭発表
・平田哲也、「ナチス強制収容所におけるドイツ共産党員:「赤いカポ」の「主体性」」、日韓次世代学術フォーラム 第16回 国際学術大会「歴史分科」、ハンシン大学、2019年6月29日。
・平田哲也、「ナチ強制収容所における「連帯」と「反ファシズム」:ブーヘンヴァルトの「赤いカポ」と戦後の語りをめぐって」、九州史学大会西洋史部会、九州大学、2019年12月15日。
・平田哲也、「ブーヘンヴァルト強制収容所の過去をめぐる「反ファシズム」の語り:ヴァルター・バルテルを例に」、ドイツ現代史学会、2020年9月26日。

researchmap: https://researchmap.jp/seiyoushi_hirata

大学院生(修士課程)
坂本 隼人
SAKAMOTO
Hayato
(M2)
ドイツ現代史
論文
・坂本隼人、「ナチ占領下フランスにおける対独軍事協力 : 義勇軍組織「三色旗団」を中心に」、『九州歴史科学』47 号、九州歴史科学研究会、pp. 28-54、2019年12月15日。
口頭発表
・坂本隼人、「【ビブリオバトル】高坂正堯『現代史の中で考える』 」、第10回九州西洋史学会若手部会「ビブリオバトル:歴史のココがおもしろい!第2弾」、2016年7月17日。
・坂本隼人、「ドイツにおける第一次世界大戦経験―史料としての野戦郵便をめぐって―」 、第12回九州西洋史学会若手部会「グループ発表交流会」、2017年7月1日。
・坂本隼人、「箱崎の西洋史学―歴史の中の九州大学文学部西洋史学研究室―」、九州史学会大会西洋史部会、2017年12月10日。
・坂本隼人、「第二次大戦期フランスにおける「対独協力」の軍事的側面 —フランス人義勇兵の実態をめぐって—」、第14回九州西洋史学会若手部会「研究報告会」、2018年11月3日。
・坂本隼人、【話題提供】「九州大学西洋史の研究室史について」、第15回九州西洋史学会若手部会「ビブリオバトル&討論会」、2019年6月29日。
・SAKAMOTO Hayato, 'Nationalism in Nazi-Occupied France: Military Collaboration with Germany, 1940-1944', Historians' Workshop,10.11.2019.

researchmap: https://researchmap.jp/h_sakamoto

松口 優花
MATSUGUCHI
Yuka
(M1)
ドイツ現代史
口頭発表
・松口優花、「戦間期ドイツにける平和への試み :M・ヒルシュフェルトによるセクシュアル・マイノリティ運動を事例に」、学生平和研究会、 2020年3月1日。
・松口優花、「ジェンダーの視点から見た近代化・大衆化 ―歴史総合を見据えた国民国家概念の教材化への可能性 」、高大連携歴史教育研究会第6回大会 ジェンダー史パネル、2020年7月26日。
・松口優花、「性科学者マグヌス・ヒルシュフェルトの第一次世界大戦:その「同性愛」分析をめぐって」、ジェンダー研究に取り組む学生への研究助成プログラム令和2年度研究成果報告会、2021年2月19日。

researchmap: https://researchmap.jp/matu-matt.00
中島 充祥
NAKASHIMA
Mitsuyasu
(M1)
ドイツ近代史


大森 翔太
OMORI
Shota
(M1)
ドイツ近世史


高橋 毅
TAKAHASHI
Tsuyoshi
(M1)
アメリカ近代史

researchmap: https://researchmap.jp/pressgangriot
植野 丈一朗
UENO
Joichiro
(M1)
ドイツ革命史



学部生      
4年 窪 みさと アメリカ現代史
岩田 恵一 東欧現代史
青山 詩乃 フランス近代史
中村 優斗 ドイツ現代史
松本 大輝 イギリス近代史
中島 朋子 ドイツ現代史
北崎 海輝 イギリス近世史
向江 遼太郎 アメリカ近現代史
増矢 周平 ドイツ現代史
木寺 大祐 ポーランド近代史
平田 成基 フランス現代史
田畑 慶太 古代ローマ史
照本 香奈 ジェンダー史
田村 文人 ドイツ近世史
3年 江口 静 アメリカ文学史
平山 俊介 アメリカ現代史
石橋 清将 ドイツ近世史
村山 空 アメリカ近現代史
斉田 大樹 ドイツ現代史
津口 雅陽
丸山 諒大 ドイツ現代史
月原 朱理 ハイチ革命史
繁成 美佑 イギリス中近世史
2年 山口 峻平
柏木 砂弥香
野中 諒
山口 恒星
井上 千遥
遠山 恵
吉田 美咲
安達 漱也
アン・スンヒョン
松扉 和人

九州大学文学部
西洋史学研究室

〒819-0395
福岡市西区元岡744
イースト1号館6階 B-610
TEL. 092-802-5091