学部生・院生紹介

西洋史学研究室では、OD・院生(博士・修士)・学部生が所属し、日夜研鑽を積んでいます。

OD
森 崇浩
MORI Takahiro
スイス近世史
論文
・15世紀バーゼル邦におけるアムト制の展開―アムト・リースタールの事例から―(『西洋史学論集』第40号、2002年、1-20頁)
 法華津 晃
HOKETSU Akira
フランス中世史
 論文
・11世紀のクリュニー修道院におけるカルチュレールの操作―カルチュレールA,Bを中心に―(『西洋史学論集』第53号、2016年、23-36頁)
・10世紀マコネ地方における書記と在地社会(『西洋史学論集』第49号、2011年、21-38頁)
・修道院領主制の展開と俗人領主社会―11世紀クリュニー修道院への譲渡文書付随条項の検討―(『九州歴史科学』第35号、2007年、50-70頁)
書評
・轟木広太郎『戦うことと裁くこと―中世フランスの紛争・権力・真理―』昭和堂、2011年(『西洋史学』第244号、2011年、59-61頁)
学会発表
・10-11世紀クリュニー修道院の所領形成の再検討―贈与、文書化、記憶化の側面から―
*学会名:ワークショップ西洋史・大阪、場所:大阪大学、期日:2015年5月
・10-11世紀クリュニー修道院への贈与と売却の持つ多義性とその選択的な利用
*学会名:2014年度広島史学研究会大会、場所:広島大学、期日:2014年10月

人文科学研究院専門研究員
大浜 聖香子
OHAMA Mikako
中世フランス政治社会史
論文
1.「中世盛期北フランスにおける中規模領邦の展開(12世紀後期-13世紀初期) ―ポンテュー伯の側近たちをめぐって―」『西洋史学論集』第46号、pp. 39-57、平成20年(2008年)。

2.「12-13世紀におけるポンテュー伯の統治 ―『ポンテュー伯文書』を素材に―」『電通育英会大学院奨学生研究報告集』第1号、pp. 16-19、平成20年(2008年)。

3.「12-13世紀におけるポンテュー伯の文書と文書局 ―伯の統治に関して―」『西洋中世文書の史料論的研究 平成21年度研究成果年次報告書』pp. 29-34、平成21年(2009年)。

4.「12-13世紀における北フランス中規模領邦とコミューン ―ポンティウ伯領を素材に―」『西洋史学』第255号、pp. 22-40、平成26年(2014年)。

5.「12-13世紀におけるポンティウ伯の文書と文書局」『西洋史学論集』第53号、pp. 1-22、平成28年(2016年)。

6.「12-13世紀における北フランス中規模領邦の諸権利 ―ポンティウ伯領を素材に―」『七隈史学』第18号、pp. 111-125、平成29年(2017年)。
著書
1.『12−13世紀におけるポンティウ伯の中規模領邦統治』九州大学出版会、2019年
高津 智子
TAKATSU Tomoko
欧州統合史
 論文
・欧州統合をめぐるヨーロッパ共通性の議論―初期欧州審議会を中心に―(『西洋史学論集』第48号、2010年、79-97頁)
・Driving Forces of Early European Integrations and Their Implications for East Asia: the Role of Transnational Party Cooperation(Asia-EU Conference, Busan, 2012, pp.545-564)
・欧州政治共同体条約をめぐるトランスアトランティック・ネットワーク:統一ヨーロッパ・アメリカ委員会とヨーロッパ運動(『史林』、第98巻5号、2015年、97-96頁)
学会発表
・Driving Forces of Early European Integrations and Their Implications for East Asia: the Role of Transnational Party Coorperation
*学会名:Asia-EU International Conference、場所:Busan、期日:2012年2月
・欧州統合成立期における米欧間の非公式ネットワーク―統一ヨーロッパ・アメリカ委員会に着目して―
*学会名:2016年度九州西洋史学会春季大会、場所:九州大学、期日:2016年3月

大学院生(博士課程)
平田 哲也
HIRATA
Tetsuya
(D2)
ドイツ現代史
論文
・平田哲也、「ブーヘンヴァルト強制収容所と「反ファシズム」:「赤いカポ」の戦後の語りをめぐって」、『九州歴史科学』47 号、九州歴史科学研究会、pp. 55-75、2019年12月15日。
・平田哲也、「1945年ドイツの「反ファシズム」:ブーヘンヴァルト強制収容所の解放とヴァルター・バルテル」、『次世代人文社會研究』16 号、日韓次世代学術フォーラム、pp. 85-102、2020年3月31日。
口頭発表
・平田哲也、「ナチス強制収容所におけるドイツ共産党員:「赤いカポ」の「主体性」」、日韓次世代学術フォーラム 第16回 国際学術大会「歴史分科」、ハンシン大学、2019年6月29日。
・平田哲也、「ナチ強制収容所における「連帯」と「反ファシズム」:ブーヘンヴァルトの「赤いカポ」と戦後の語りをめぐって」、九州史学大会西洋史部会、九州大学、2019年12月15日。
・平田哲也、「ブーヘンヴァルト強制収容所の過去をめぐる「反ファシズム」の語り:ヴァルター・バルテルを例に」、ドイツ現代史学会、2020年9月26日。

researchmap: https://researchmap.jp/seiyoushi_hirata

大学院生(修士課程)
松口 優花
MATSUGUCHI
Yuka
(M2)
ドイツ現代史
口頭発表
・松口優花、「戦間期ドイツにける平和への試み:M・ヒルシュフェルトによるセクシュアル・マイノリティ運動を事例に」、学生平和研究会、 2020年3月1日。
・松口優花、「ジェンダーの視点から見た近代化・大衆化 ―歴史総合を見据えた国民国家概念の教材化への可能性 」、高大連携歴史教育研究会第6回大会 ジェンダー史パネル、2020年7月26日。
・松口優花、「性科学者マグヌス・ヒルシュフェルトの第一次世界大戦:その「同性愛」分析をめぐって」、ジェンダー研究に取り組む学生への研究助成プログラム令和2年度研究成果報告会、2021年2月19日。

researchmap: https://researchmap.jp/matu-matt.00
中島 充祥
NAKASHIMA
Mitsuyasu
(M2)
ドイツ近代史


高橋 毅
TAKAHASHI
Tsuyoshi
(M2)
アメリカ近代史
口頭発表
・高橋毅、「長谷川修一/小澤実編『歴史学者と読む高校世界史:教科書記述の舞台裏』(勁草書房, 2018年)を読む」、第19回九州西洋史学会若手部会2021年8月企画「歴史教育に関する読書会」、 2021年8月29日。
・高橋毅、「ジェンキンズの耳戦争期西インドにおける強制徴募—英海軍による人的資源確保の実態と1743年アンティグア暴動—」、スペイン史学会夏期研究会、2021年9月25日。
・高橋毅、「財政軍事国家ブリテンにおける人的資源確保の実態(1739-48) ―マサチューセッツ総督の強制徴募運用と1747年ボストン暴動を中心に―、九州史学会西洋史部会、2021年12月12日。
・高橋毅、「教員志望の教養としての歴史学—史学科院生の経験談から—(第5部会パネル:大学における歴史教育の今日的課題と新たな可能性)」、高大連携歴史教育研究会第8回大会、2022年7月31日。
・高橋毅、「視界、第1報告、第2報告」、九州西洋史学会若手部会2022年8月企画「「歴史総合」の行く末—教員志望学生と現場教員の試論—」、2022年8月21日。

researchmap: https://researchmap.jp/pressgangriot
松本 大輝
MATSUMOTO
Haruki
(M1)
イギリス近代史・身体論
口頭発表
・松本大輝、「「筋肉的キリスト教 Muscular Christianity」とパブリックスクール:19世紀英国ジェントルマン概念の形成」、ジェンダー研究に取り組む学生への研究助成プログラム令和3年度研究成果報告会、2022年2月21日。


学部生      
4年 中島 朋子 ドイツ現代史
北崎 海輝 イギリス近世史
増矢 周平 ドイツ現代史
照本 香奈 ジェンダー史
田村 文人 公共歴史学・環境史
江口 静 アメリカ文学史
平山 俊介 アメリカ現代史
石橋 清将 ドイツ近世史
村山 空 アメリカ近現代史
斉田 大樹 ドイツ現代史
津口 雅陽 イギリス近代史
丸山 諒大 ドイツ現代史
月原 朱理 ハイチ革命史
繁成 美佑 イギリス近世史
3年 山口 竣平
柏木 砂弥香
野中 諒
山口 恒星
井上 千遥
遠山 恵
吉田 美咲
安達 漱也
アン・スンヒョン
松扉 和人
2年 村田 結夢
原田 奈奈
乗本 健
松浦 瞭真
佐藤 未夢
柴田 光貴
倉井 依花
山下 遼大
尾林 克幸
山下 桜奈

九州大学文学部
西洋史学研究室

〒819-0395
福岡市西区元岡744
イースト1号館6階 B-610
TEL. 092-802-5091