閑山子LAB.

九州大学大学院人文科学研究院准教授・川平敏文のページです。



研究・教育 電子書庫 研究室員紹介 リンク





研究・教育

大学院担当  九州大学大学院人文科学府 言語・文学専攻

学部担当   九州大学文学部 人文学科 文学コース

取得学位   博士(文学)

専門分野   日本近世文学

連絡先    kawahira◆lit.kyushu-u.ac.jp

ブログ    閑山子余録

詳しい研究者情報はこちら

TOP



■研究について

 専門は、江戸時代の思想・文学。特に、学問(漢学や和学)、およびその周辺で繰り広げられた文学的営為に関心があります。
 これまで主に取り組んできたのは、江戸時代における『徒然草』の注釈、および受容をめぐる諸問題です。『徒然草』という作品の〈読まれ方〉を調査して、そこから江戸時代に生きた人々の考え方や、感じ方の特徴を炙り出そうとする研究です。
 この研究テーマは、いわば私のライフワークと言えるものですが、そこから展開したものとして、十七世紀の時代思潮(思想・文学のベースとなっている基本的な考え方)、江戸時代における老荘思想の受容、室鳩巣から松平定信へとつながる十八世紀の「保守的」言説の再検討、といったテーマに取り組んでいます。
 研究姿勢としては、その時代に降り立ち、その時代の目で問題を考えていくことを理想としています。そのためには、ジャンルを問わず、なるべく多くの「和本」(明治以前の和装本。大半が活字化もされていない)に接し、その時代の言説に親しむしかありません。こういった、いわば基礎トレーニングの実践を大事にしています。下記はその一例です。

TOP

■主宰・参加している文献調査・研究会(公的なもの以外)

◆雅俗文庫調査

 九州大学附属図書館所蔵の「雅俗文庫」(中野三敏氏旧蔵)の書誌調査。基本的に週一回。近世専攻の大学院生といっしょにやっています。2010年スタート。

◆手紙を読む会

 九州近隣の研究者が集まって、江戸時代の書簡を解読・注釈する研究会。私が大学生になる前から始まっているから、かれこれ30年以上も続いているのではなかろうか。月一回。書簡の読解は、くずし字読解能力の最高レベルが要求されるので、ここで「読み」の基礎が鍛えられます。

◆九州近世文学研究会

 だいたい手紙を読む会と参加者は重複していますが、こちらは各自の研究テーマについて発表する会。年二回。歴史・思想系の研究者を招いたり、外部の研究会とのコラボも行ったりしています。2014年は、「書物・出版と社会変容」研究会と共催しました。

◆長崎先民伝研究会

 長崎の『先哲叢談』ともいうべき、『長崎先民伝』を読む研究会。隔月一回程度開催し、『長崎先民伝註解――近世長崎の文苑と学芸』(勉誠出版、2016年)という本に結実しました。

◆雅俗の会

 中野三敏先生門下生が中心となって立ち上げた同人組織。会誌『雅俗』を年一回発行。10号をもって休刊していましたが、2011年に復刊しました。編集委員会を組織し、厳正な査読を行っています。また毎号発刊後に合評会を開き、論文の内容や今後の編集方針などについて、忌憚なく意見交換しています。

TOP

■教育について

 授業ではよく、近世文学はいわば「ハイパー古典」だと言っています。近世文学で使われている言葉は基本的に「文語」です。このことに象徴されるように、近世文学はいわゆる古典的な教養や表現に多くを拠っています。私たちが「国語」の一部として古文・漢文を習ったのとは違って、そういった「古典」こそが、当時の「現代文」の模範だったのです。私の好きな『徒然草』も、その一つでした。
 よって近世文学を研究するためには、『源氏物語』や『徒然草』といった日本の古文はもちろん、中国の『論語』や杜甫・李白の漢詩まで、和漢の古典を広く知っておく必要があります。ちょっと大変なようにも聞こえますが、考え方を変えれば、近世文学を研究すれば、必然的に、そういった和漢の古典を読解し、鑑賞する力が身につくということです。よって、たとえば高校の国語教師のように、古典についてのオールマイティーな力が必要な人には、うってつけの分野ではないでしょうか(というのが、私の誘い文句です)。しかし、これは冗談でも何でもなく、「ハイパー古典」としての近世文学を通じて、広くその面白さを伝えられる人を育てることが、私の願いです。
 そのためには、まずは文献を正確に読めないと意味がありません。正確に読むとは、先入観を廃して、テキストを丁寧に読むということです。テキストの翻字から始まり(活字があったとしても、必ず原本からもう一度やり直します)、一言一句をないがしろにせず、その典拠や表現を吟味します。そして最後に現代語訳。こういった一連の訳注作業をしっかりとこなし、文献をできる限り正確に読むための訓練を、私は重視しています。自分勝手な読みでよいのならば、大学で勉強する必要はないわけです。

TOP

■授業の概要

 講義は、基本的に各年度、概論的なテーマ(半期)と各論的なテーマ(半期)の二本立てで行っています。
 概論的なものは、和歌・俳諧・漢詩文・小説・芸能の中から一つ。各論的なものは、これまで、「徒然草受容史」「老荘受容史」「江戸の文章スタイル」「「もののあはれ」の文学史」「忠臣蔵と江戸文化」「近世文学と和漢」などのテーマで話をしました。
 演習については、以下の通りです。

◆大学院演習

 山岡元隣『宝蔵』の訳注。2010年スタート。その成果は『雅俗』11号以降に連載中。
 都の錦『元禄大平記』の訳注。2016年スタート。

◆学部演習

 浮世草子や俳諧など、色々なジャンルの作品を取り上げて訳注を行っています。これまで取り上げたのは、『諸道聴耳世間猿』『世間娘気質』『しぶうちわ』『貞徳紅梅千句』『伽婢子』など。
 また、各自の興味にしたがってテーマを選び、その研究結果を発表する時間も設けています。

◆木曜会

 各自の研究テーマについて発表する会です。月一回。院生の部、学部生の部と二部構成ですが、だいたい院生は学部生の部にも出席します。学部生は卒論作成準備をしている四年生が参加します。木曜の午後に行っていたのでこの名称がありますが、必ずしも木曜に行っているわけではありません。

TOP



電子書庫

 当ラボにて作成した古典籍テキスト・データを公開します。ダウンロードは自由ですが、翻字の正確さについては、必ずしも万全を期しているものではありません。
 あくまでも調査用・作業用データとしてお使いいただくことを前提としていますので、論文等で引用するときは、必ず原本あるいはそれに準ずる資料(影印本等)でご確認頂きますよう、お願い申し上げます。
 なお、1〜4のデータは、科学研究費補助金・基盤(C)「室鳩巣の和文著述とその流布・影響についての研究」(代表:川平敏文、課題番号26370241)の研究成果の一部です。


1.駿台雑話

2.駿台随筆

3.六諭衍義大意

4.鳩巣小説

TOP



研究室員紹介

 

村上義明(むらかみ・よしあき)

博士後期課程在学
「江戸時代における和漢朗詠集受容史研究」
近世期に刊行された和漢朗詠集注釈書とその注釈者が研究対象である。これまでに北村季吟『和漢朗詠集』、岡西惟中『和漢朗詠諺解』についての研究を行った。現在は高井蘭山『和漢朗詠集国字抄』の研究に取り組んでいる。
『北村季吟『和漢朗詠集註』考』(修士論文)

 

吉田宰(よしだ・つかさ)

博士後期課程在学
「18世紀を中心とした近世小説の研究」
18世紀を中心とした近世小説について、思想と文学の両面から研究している。これまでに、上田秋成「貧福論」(『雨月物語』所収)や西村遠里の人物研究を行ってきた。現在は、遠里の研究を深めつつ、18世紀における蕃山学の位相、および京都の書肆銭屋の出版動向について調査を行っている。
『西村遠里研究』(修士論文)

 

大牟田拓海(おおむた・たくみ)

修士課程在学
「振鷺亭の研究」
近世後期の洒落本・読本作家である振鷺亭の研究を行っている。 卒業論文では馬琴・京伝との比較を通して、振鷺亭の善悪観・因果応報観について考察をした。 今後は、振鷺亭作の中本型読本に着目して研究を進めていきたい。

TOP

……過去の室員……


 

工藤いずみ(くどう・いずみ)

修士課程修了
『七代目市川団十郎の研究』(修士論文)

 

趙晶(チョウ・ショウ)

修士課程修了
『京伝の読本と中国善書:『明心宝鑑』を中心に』(修士論文)

 

平山聖悟(ひらやま・しょうご)

修士課程修了
『都の錦の研究:噺本『軽口はなし』から見る述作姿勢の再検討』(修士論文)

 

中山成一(なかやま・せいいち)

修士課程修了
『武富廉斎の研究:その思想と生涯』(修士論文)
近世前期の佐賀の儒学者、武富廉斎が主な研究対象である。これまでに関連資料を収集し年譜を作成したほか、廉斎の文事やその背景にある思想を考察した。現在は著作の本文校訂を進めつつ、岡山の儒者で廉斎と同じく中村タ斎とかかわりのあった小原大丈軒の調査に着手している。

 

脇山真衣(わきやま・まい)

修士課程修了
『近世中期における庶民教導家の研究:中村三近子を中心に』(修士論文)
近世中期、徳川吉宗の教化政策の下で活躍した庶民教導家を研究対象とする。これまでに、中村三近子(1671〜1741)を中心に、その思想的特徴について研究を行った。現在は、同様の活動を示した田中友水子等にも範囲を広げ、吉宗政権下における庶民教化政策の実践や、教訓読本の文学史的意義について研究している。

 

李静怡(リ・セイイ)

修士課程修了・アリゾナ大学大学院博士後期課程在学
『江戸中後期における李漁の受容』(修士論文)
『芥子園画伝』の受容を中心にし、江戸中後期の文人画家の李漁に対する受容を研究対象にしている。特に蕪村の離俗論との関係に注目している。馬琴の李漁受容に関する江戸中後期の評論にも触れる。

 

三國恵里(みくに・えり)

修士課程修了
『業平発憤説の系譜』(修士論文)
修士論文では、五井蘭洲の伊勢物語注釈と、そこで展開される業平発憤説の後代への影響を論じた。

TOP



リンク

九州大学
九州大学国語学・国文学研究室
九州大学文学部・人文科学府・人文科学研究院
九州大学附属図書館
九大コレクション・貴重資料
九州大学文学部目録カード画像検索システム

日本近世文学会
西日本国語国文学会
雅俗の会

TOP

copyright(C)2017 川平研究所 All right reserved.