文学部 人文学科 人間科学コース

コース共通科目 (単位数 2)
専攻必修科目
対象学年: 2年生 (3年生・4年生も履修可)
対象学部等:
地理学概論
Introduction to Geography
講義題目  人文地理学の基礎概念
准教授 今里 悟之
科目ナンバリングコード: LET-HUM2707J
講義コード: 16054107
2016 前期
毎週 木曜2限
箱崎 301 教室
J科目 (日本語, 日本語)
授業の概要 地理学を学ぶ上で最低限必要となると考えられる,地理学の歴史,立地論,中心地理論,都市システム,時間地理学,空間的イメージ,環境利用など,人文地理学の基本的な概念や視点について,できるだけ具体例を示しながら解説する。

(This primary lecture course introduces basic concepts and topics in human geography.)
キーワード :
履修条件 :
履修に必要な知識・能力 :
授業計画 テキスト : 特になし
参考書 : 授業中に配布するプリント中に提示
授業資料 : 毎回プリントを配布し,パワーポイントで説明する

進度・内容・行動目標等 講義 演習・その他 授業時間外学習
1 講義全体の説明,現代地理学の歴史(系統地理と地誌の概念を含む),立地論(農業地域・工業地域・商業地域を含む),都市の内部構造,中心地と勢力圏(集落体系と地域計画を含む),都市システム,都市化と大都市圏,流動と拡散,時間地理学,空間的イメージ,地理思想,環境利用(文化景観と文化地域を含む),全体のまとめ(地域概念・地域区分・空間スケールの概念を含む)について,それぞれ1〜2回ずつ講義を行う予定である。

授業以外での学習に当たって :
学習相談 :
到達目標
かなり優れている 優れている 及第である 一層の努力が必要
B_A-b [アプローチの理解]
人文地理学の基礎概念と基礎知識に基づいて、人間と社会のあり方とそれへの多様なアプローチを理解できる。
すべての基本的事項について十分な理解ができ,独自の批判的見解を述べることができる。 すべての基本的事項について十分な理解ができる。 基本的事項について一定程度の理解ができる。 基本的事項について必要最低限の理解に達していない。
GPA評価
A B C D F
授業を通じて、総じて「かなり優れている」に相当する活動を行った。 授業を通じて、概ね「優れている」を超える活動を行った。 授業を通じて、「及第する」に相当する活動を行った。 授業を通じて、総じて「及第する」には達しないものの、それに近い活動を行った。 授業を通じて、「一層の努力が必要」の活動にとどまった。
成績評価
観点→
成績評価方法
B_A-b
[アプローチの理解]
備考(欠格条件、割合等)
レポート 100%

成績評価基準に関わる補足事項 :
その他 その他 :

教職 : 教職(社会)(地理歴史)
資格 :

更新日 : 2016/7/22 (09:51)