閑山子LAB

九州大学大学院人文科学研究院教授・川平敏文のページです。



研究・教育 著書・編著 電子書庫 研究室員紹介 リンク



大学院進学という選択肢(文学部学生向け)

「大学院、ちょっと興味はあるけど、行ってどんなメリットがあるの?」と思っている、文学部学生の皆さんは多いかと思います。そこで私の考えを簡単にまとめてみました。進路を選択するさいの、参考にしてください。(word版)

研究・教育

大学院担当  九州大学大学院人文科学府言語・文学専攻
学部担当   九州大学文学部人文学科文学コース
取得学位   博士(文学)
専門分野   日本近世文学・思想史
連絡先    kawahira◆lit.kyushu-u.ac.jp
ブログ    閑山子余録

詳しい研究者情報はこちら



■研究について

 専門は、江戸時代の思想・文学。特に、学問(漢学や和学)、およびその周辺で繰り広げられた文学的営為に関心があります。
 これまで主に取り組んできたのは、江戸時代における『徒然草』の注釈、および受容をめぐる諸問題です。『徒然草』という作品の〈読まれ方〉を調査して、そこから江戸時代に生きた人々の考え方や、感じ方の特徴を炙り出そうとする研究です。
 この研究テーマは、いわば私のライフワークと言えるものですが、そこから展開したものとして、十七世紀の時代思潮(思想・文学のベースとなっている基本的な考え方)、江戸時代における老荘思想の受容、室鳩巣から松平定信へとつながる十八世紀の「保守的」言説の再検討、といったテーマに取り組んでいます。
 研究姿勢としては、その時代に降り立ち、その時代の目で問題を考えていくことを理想としています。そのためには、ジャンルを問わず、なるべく多くの「和本」(明治以前の和装本。大半が活字化もされていない)に接し、その時代の言説に親しむしかありません。こういった、いわば基礎トレーニングの実践を大事にしています。下記はその一例です。

■主宰・参加している文献調査・研究会(公的なもの以外)

◆雅俗文庫調査

 九州大学附属図書館所蔵の「雅俗文庫」(中野三敏氏旧蔵)の書誌調査。基本的に週一回。近世専攻の大学院生といっしょにやっています。2010年スタート、2022年いちおう完了。

◆手紙を読む会

 九州近隣の研究者が集まって、江戸時代の書簡を解読・注釈する研究会。私が大学生になる前から始まっているから、かれこれ30年以上も続いているのではなかろうか。月一回。書簡の読解は、くずし字読解能力の最高レベルが要求されるので、ここで「読み」の基礎が鍛えられます。

◆九州近世文学研究会

 だいたい手紙を読む会と参加者は重複していますが、こちらは各自の研究テーマについて発表する会。年二回。歴史・思想系の研究者を招いたり、外部の研究会とのコラボも行ったりしています。2014年は、「書物・出版と社会変容」研究会と共催しました。

◆長崎先民伝研究会

 長崎の『先哲叢談』ともいうべき、『長崎先民伝』を読む研究会。隔月一回程度開催し、『長崎先民伝註解――近世長崎の文苑と学芸』(勉誠出版、2016年)という本に結実しました。

◆雅俗の会

 中野三敏先生門下生が中心となって立ち上げた同人組織。会誌『雅俗』を年一回発行。10号をもって休刊していましたが、2011年に復刊しました。編集委員会を組織し、厳正な査読を行っています。また毎号発刊後に合評会を開き、論文の内容や今後の編集方針などについて、忌憚なく意見交換しています。
 →「雅俗の会」公式ブログ

■教育について

 授業ではよく、近世文学はいわば「ハイパー古典」だと言っています。近世文学で使われている言葉は基本的に「文語」です。このことに象徴されるように、近世文学はいわゆる古典的な教養や表現に多くを拠っています。私たちが「国語」の一部として古文・漢文を習ったのとは違って、そういった「古典」こそが、当時の「現代文」の模範だったのです。私の好きな『徒然草』も、その一つでした。
 よって近世文学を研究するためには、『源氏物語』や『徒然草』といった日本の古文はもちろん、中国の『論語』や杜甫・李白の漢詩まで、和漢の古典を広く知っておく必要があります。ちょっと大変なようにも聞こえますが、考え方を変えれば、近世文学を研究すれば、必然的に、そういった和漢の古典を読解し、鑑賞する力が身につくということです。よって、たとえば高校の国語教師のように、古典についてのオールマイティーな力が必要な人には、うってつけの分野ではないでしょうか(というのが、私の誘い文句です)。しかし、これは冗談でも何でもなく、「ハイパー古典」としての近世文学を通じて、広くその面白さを伝えられる人を育てることが、私の願いです。
 そのためには、まずは文献を正確に読めないと意味がありません。正確に読むとは、先入観を廃して、テキストを丁寧に読むということです。テキストの翻字から始まり(活字があったとしても、必ず原本からもう一度やり直します)、一言一句をないがしろにせず、その典拠や表現を吟味します。そして最後に現代語訳。こういった一連の訳注作業をしっかりとこなし、文献をできる限り正確に読むための訓練を、私は重視しています。自分勝手な読みでよいのならば、大学で勉強する必要はないわけです。

■授業の概要

 講義は、基本的に各年度、概論的なテーマ(半期)と各論的なテーマ(半期)の二本立てで行っています。
 概論的なものは、和歌・俳諧・漢詩文・小説・芸能の中から一つ。各論的なものは、これまで、「徒然草受容史」「老荘受容史」「江戸の文章スタイル」「「もののあはれ」の文学史」「忠臣蔵と江戸文化」「近世文学と和漢」「伝記研究入門」「異なる価値観と対話」などのテーマで話をしました。
 演習については、以下の通りです。

◆大学院演習

 山岡元隣『宝蔵』の訳注。2010年スタート。その成果は『雅俗』11号以降に連載中。
 都の錦『元禄大平記』の訳注。2016年スタート。

◆学部演習

 浮世草子や俳諧など、色々なジャンルの作品を取り上げて訳注を行っています。これまで取り上げたのは、『諸道聴耳世間猿』『世間娘気質』『しぶうちわ』『貞徳紅梅千句』『伽婢子』『猿蓑』『浮世物語』など。
 また、各自の興味にしたがってテーマを選び、その研究結果を発表する時間も設けています。

◆木曜会

 各自の研究テーマについて発表する会です。月一回。院生の部、学部生の部と二部構成ですが、だいたい院生は学部生の部にも出席します。学部生は卒論作成準備をしている四年生が参加します。木曜の午後に行っていたのでこの名称がありますが、必ずしも木曜に行っているわけではありません。



著書・編著

◆著書

『兼好法師の虚像 偽伝の近世史』平凡社 平凡社選書 2006
『徒然草の十七世紀 近世文芸思潮の形成』岩波書店 2015
『徒然草 無常観を超えた魅力』中公新書 2020
  → サポートページへ

◆編著

『近世兼好伝集成』平凡社 東洋文庫 2003
『東アジアの短詩形文学』(アジア遊学) 勉誠出版 2012(静永健と共編)
『長崎先民伝注解 近世長崎の文苑と学芸』勉誠出版 2016(若木太一、高橋昌彦と共編)
『盧氏文書 盧草拙資料集』 雅俗研究叢書 雅俗の会 2019



電子書庫

 当ラボにて作成した古典籍テキスト・データを公開します。ダウンロードは自由ですが、翻字の正確さについては、必ずしも万全を期しているものではありません。
 あくまでも調査用・作業用データとしてお使いいただくことを前提としていますので、論文等で引用するときは、必ず原本あるいはそれに準ずる資料(影印本等)でご確認頂きますよう、お願い申し上げます。
 なお、1~4は、科研費・基盤(C)「室鳩巣の和文著述とその流布・影響についての研究」(代表:川平敏文、課題番号26370241)、5・6・7は科研費・基盤(C)「書簡・雑記を中心とした17~18世紀学芸史の研究」(代表:川平敏文、課題番号26370241)の研究成果の一部です。


1.駿台雑話

2.駿台随筆

3.六諭衍義大意

4.鳩巣小説

5.文会雑記

6.蘐園雑話

7.兼山秘策:人名・書名簡易索引



研究室員紹介

陳 笑薇(CHIN,Shoubi)

博士後期課程在学
「近世俳壇と老荘思想」
近世前期の俳壇に焦点を合わせ、特に蕉風俳論と老荘思想の関連に注目し、研究している。これまでに「風雅の誠」の理念と老荘思想の関係、松尾芭蕉における老荘の注釈書(『荘子鬳斎口義』など)の影響などについて、考察を行った。今後は、近世俳壇における老荘思想受容の特殊性などの問題を中心に、研究を進めたい。

王 自強(OH, Jikyo)

博士後期課程在学
「市河寛斎研究」
近世後期の詩壇に注目し、主に江湖詩社の盟主市河寛斎を研究している。これまでに、市河寛斎と六朝宮体詩の関係について考察を行った。今後は、市河寛斎の詩論を併せて詠物詩の研究を進めつつ、寛斎の考証学および詩集の編纂事業にも触れる。なお、市河寛斎をめぐって江湖詩社と近世後期詩風革新も再検討したい。

陳 嘉励(CHEN,Jiali)

修士課程在学
「山東京伝における中国白話小説の受容」
近世の小説、主に山東京伝を研究している。これまでに、『水滸伝』『通気粋語伝』『忠臣水滸伝』という三点の作品の比較を通して、『忠臣水滸伝』形成における『通気粋語伝』の役割について考察を行った。今後は、文芸ジャンルを問わず、京伝作品における中国白話小説受容の問題を考えていきたい。


◇過去の室員◇

吉田 宰(YOSHIDA, Tsukasa)

博士後期課程修了(令和元年度):尾道市立大学講師
「近世中期を中心とした分野横断的研究」
近世中期を中心に、思想と文学の両面にわたって研究している。とくに、天文暦学や本草学といった、今日でいう自然科学の諸領域との関わりから考察を進めている。これまでに本草学者の平賀源内・後藤梨春、天文暦学者の西村遠里などに関する研究を行った。
「西村遠里研究」(修士論文)
「近世中期の思想と文学―天文暦学・本草学との関わりから―」(博士論文)

村上義明(MURAKAMI, Yoshiaki)

博士後期課程修了(平成30年度):熊本学園大学准教授
「北村季吟『和漢朗詠集註』考」(修士論文)
「近世和漢朗詠集注釈史論考」(博士論文)

河野理菜(KONO, Rina)

修士課程修了(令和2年度)
「貝原益軒と武士教育」
17世紀福岡藩の儒学者である貝原益軒の研究を行っている。卒業論文では益軒の武士向け教訓書と日記を精読し、武士に対する教育について考察した。今後も益軒が藩儒として、武士教育をどのような思想で、どのように行ったか調査・考察する予定である。

施 超智(SHI, chaozhi)

修士課程修了(令和2年度)
「馬琴前期読本の研究」
近世後期の読本作者である曲亭馬琴の研究を行っている。卒業論文では文化二年刊行された『稚枝鳩』を典拠・『石点頭』との比較を行い、独自の構成について考察をした。現在は、馬琴の前期読本の人物像について研究している。

劉 書縁(RYU, Shoen)

修士課程修了(令和2年度)
「上田秋成の研究」
江戸後期の国学者上田秋成の研究を行っている。卒業論文では、読本作品『雨月物語』を巡って、小論を書いた。現在は、『癇癖談』を中心に、いくつかの関連作品を取り上げつつ、秋成の執筆心境や人間関係に着目して研究を進めていきたい。

大牟田拓海(OOMUTA, Takumi)

修士課程修了(平成30年度)
「振鷺亭論:中本型読本から人情本まで」(修士論文)

李 静怡(LI, Jingyi)

修士課程修了(平成29年度):アリゾナ大学大学院博士後期課程在学
「江戸中後期における李漁の受容」(修士論文)

中山成一(NAKAYAMA, Seiichi)

修士課程修了(平成27年度):筑紫女学園高等学校教諭
「武富廉斎の研究:その思想と生涯」(修士論文)

三國恵里(MIKUNI, Eri)

修士課程修了(平成29年度)
「業平発憤説の系譜」(修士論文)

脇山真衣(WAKIYAMA, Mai)

修士課程修了(平成27年度)
「近世中期における庶民教導家の研究:中村三近子を中心に」(修士論文)

平山聖悟(HIRAYAMA, Shogo)

修士課程修了(平成25年度):西南学院高等学校教諭
「都の錦の研究:噺本『軽口はなし』から見る述作姿勢の再検討」(修士論文)

趙 晶(ZHAO, Jin)

修士課程修了(平成25年度)
「京伝の読本と中国善書:『明心宝鑑』を中心に」(修士論文)

工藤いずみ(KUDOU, Izumi)

修士課程修了(平成24年度)
「七代目市川団十郎の研究」(修士論文)



リンク

九州大学
九州大学国語学・国文学研究室
九州大学文学部・人文科学府・人文科学研究院
九州大学附属図書館
九大コレクション・貴重資料
九州大学文学部目録カード画像検索システム

日本近世文学会
西日本国語国文学会
雅俗の会