日本中国考古学会九州部会第80回例会開催のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本中国考古学会九州部会第80回例会開催のお知らせ
皆様
秋気身にしみる頃となりましたが、お変わりございませんか。
さて。下記の通り第80回日本中国考古学会九州部会を開催いたします。国際研究集会「東北アジア農耕伝播過程の植物考古学分析による実証的研究」の合同研究成果発表会との共催となります。是非ともご参会賜りますようお願い申し上げます。
日時:20181222日(土)午後16時開始/20181223日(日)午前10時開始
場所:九州大学伊都キャンパスイースト1号館2階 E-C-203会議室
発表者およびタイトル
1222日(土)
 16時~1730
  欒豊実(山東大学歴史文化研究院)「渤海海峡両岸の先史文化交流と相互関係」
  小畑弘己(熊本大学人文社会科学研究部)「遼東・山東半島における土器圧痕調査の成果について」
 
 18時~20時 懇親会:ビッグ・オレンジ(伊都キャンパスセンターゾーン)
懇親会のご出席は12/15(土)までに柿添までご連絡ください。
1223日(日)
 午前10時~午後1230
  宇田津徹朗(宮崎大学農学部)「プラント・オパール分析による楊家圏遺跡の北側段丘面における水田遺構探査」
  田中克典(弘前大学農学部)「山東半島の龍山文化期の遺跡から出土したイネにおけるDNA分析と日本への伝播」
  上條信彦「東北アジアにおけるイネの形態変異」
  王強(山東大学歴史文化研究院)「大連市王家村遺跡発掘の主要収穫」
 午後1230分~1330分 昼食
 
 午後1330分~15
  王芬(山東大学歴史文化研究院)「両城鎮遺跡の土器研究」
  三阪一徳(九州大学埋蔵文化財調査室)「遼東半島と山東半島の農耕伝播期における土器製作技術」
 
 午後15時~1515分休憩
 
 午後1515分~17
  王富強(山東省煙台市博物館)「龍口市楼子莊3期遺存について」
  宮本一夫(九州大学人文科学研究院)「東北アジアの稲作伝播に関する諸問題」
以上
日本中国考古学会九州部会広報担当 柿添 康平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です